jul00741pl

夫の部下たちと不倫すると言う体裁の設定に、エロがポン付けされた安直な企画の商品である。

もしくは、エロありきで、それを無理やりにストーリーに落とし込もうとした故に、ドラマが破綻

するどころか、そもそも成立さえしていない代物となった何がしたいのか解らない商品と

言いかえてもよい。また、内容的には稚拙で幼稚、荒唐無稽でご都合主義と言うように、

ストーリーに共感すべき部分が皆無な事からもアホみたいなエロビデオと言えよう。

しかしながら、アホみたいなエロビデオな故に、ストーリーを無視してまでもエロをストレートに

表現しており、AVとしてはこれで良いかと思われる。なぜならば、映像作家気取りの勘違い監督が、

エロを無視して自分勝手な承認欲求をる為の自己主張をされても自慰の邪魔となるばかりか、

金をどぶに捨てるではなく、捨てさせられる羽目になるからである。


それでは以下に、商品の概要を記す。

最初のパートは、セックスである。

元気のない夫の部下を元気つけようと料理を振舞うが、そこで唐突にキスされると嫌がるどころか

戸惑うどころか、躊躇うどころか、何故か舌を絡まし返すと言う意味不明な展開が起点となる事から

この監督、及び脚本を担当じた人材は、脳に何らかの異常をあると思われる。

それはさており、ここでは部下A役の男優矢野慎二とのカラミとなり、女優は感度抜群な性的反応を

見せて感じまくる姿を見せてくれるが、それに反して「イク」と口に出して絶頂するシーンが意外と

少ない。それでも5回、口に出して絶頂する場面を見せてくれている。


2番目のパートは、手コキ抜きである。

おそらく「抜き」パートを消化する為だけに用意されたパートである故であろう、ストーリー的には

全くないタイミングでの「抜き」となっており、それも手コキのみでの射精と言う事を鑑みれば

中弛みを生む第一弾となってしまっている。


3番目のパートは、フェラ抜きである。

部下Aとの不倫が部下Bにバレて、それをネタに迫られると言う設定のもと、

最初はバイブ責めが展開して2回の絶頂、その後、極々普通のフェラ抜きでの射精となる。

おもちゃ責めがセットされていると言っても、ただでさえ「手コキ抜き」で商品の中弛みを

生んでると言うのに、立て続けに「抜き」パートを差し込まれれば、冗長さが拡張されるだけだと

何故、このドアホ監督は解らないのか。ドアホだから解らないのか。全く以って度し難い。

尚、部下B役は、男優藍井優太が担当する。


4番目のパートは、3Pである。

部下Aと部下Bとヒロインとでの複数プレイであるが、どう考えてもこのような流れになるのは

不自然で、また必要性も皆無と言う事で、冒頭に述べた様に「設定にエロがポン付けされた安直な

企画」と言う他ない雑さである。とは言え、本編最後のカラミと言う事でクライマックスに相応しい

エロい強度が持たされたカラミとなっており、女優が受け身基調での複数プレイが展開される。

尚、絶頂回数も本編最高を記録しており、前戯で5回、ファックシーンで12回の計17回。


ヒロイン役の女優は、武藤あやかさん。

綺麗な顔立ちをしており、身長160cm、スリーサイズが、B88cm W56cm H88cm。

Eカップのバストに、腰は括れて、大き目の尻をした美事に引き締まったスレンダーボディ。


性的スペックは高く、感度抜群な反応を見せて喘ぎ悶えて感じまくって全身を硬直させながら強烈に

ビクビクとしたうねりを見せて絶頂すると言う素晴らしい性的パフォーマンスを発揮しており、


阿保みたいな商品であるが、その分、エロがストレートに表現されている事で

女優の性的ポテンシャルに制限をかけない傾向があることが幸いして


結果的に、抜ける作品である。※あくまでも個人の感想です




焦らして…焦らして…焦らして…焦らして…、最も濡れた瞬間に挿入する愛液グチョグチョ不倫性交。 武藤あやか 愛しのデリヘル嬢 ちくび屋 アンニュイ美人妻あやか お下品乳首をネジってあげた 武藤あやか 妻みぐい不倫旅行 あやか(仮名) 40歳 武藤あやか THE ドキュメント 本能丸出しでする絶頂SEX 欲求不満なスレンダー美女を極太チ●ポで乱交ハメ倒す 武藤あやか

関連記事
・甘い誘惑 覗きに嵌まる人妻 隣人変態夫婦の罠



・大停電の夜に憧れの義姉さんと二人きり…。 武藤あやか



・出張という名の不倫旅行 武藤あやか







※老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ