ipx00198pl

「絶頂しても手を休めることなく責め続ける」と言う昨今、雨後の筍の様に

各メーカーからアホみたいにリリースされているコンセプトを採用した商品である。

嘗ては、平たく言えば旧DMM系のグループでも各レーベルによって特徴付けられて

差別化がなされていたが、今やメーカーやレーベルの垣根を越えて

同じ様な企画を塑像濫造する有様であり、本作もその例に漏れない。
続きを読む