h_995bokd00158pl

インタビューから始まっているが、有象無象の区別なくAVにありがちな程度の低い質疑に

他ならないが、モデルが監督の意図を読むと言うよりも作品のコンセプトを忖度した

応答を、即ちトランスジェンダーに関して明確且つ的確に答えており、

彼女のクレバーさが際立つ反面、会話のキャッチボールに詰まったり、噛み合わなかったり

する監督の能無しぶりが目立つ結果となっており、この監督、インタビューと言うのは
続きを読む