tppn00110pl

タイトルにある様に拘束具を使用したプレイをメインに据えた作品であるが、

同じくタイトルにある「身動き不能」と言うのは完全に盛りすぎであり、

手枷や足枷、手錠程度のゆるい拘束しか見られない。

また、3人の女優が起用されたオムニバスものになっており、内容は120分で3部構成。
各パートとも演出は基本的に似たり寄ったりとなっており、

女優はショーツにストッキング姿で始まり、最後は全裸にストッキングのみとなり、

前戯は電マやバイブが中心の責めとなっており、その後はファックへと展開する流れで、

手枷や足枷、手錠、目隠し、口枷などで拘束されながらのプレイとなっているが、

拘束具の取り付け、取り外し、付け替えなどで、カラミが停滞する事で

テンポが悪いものとなっており、前戯をおもちゃ責めメインにしている事で

このメーカー特有の濃厚なカラミがスポイルされてしまい、キスシーンも極端に少なく、

本来の売りが台無しになり、

メーカーとしてバリエーションを増やして多様化を狙っているのであろうが、

はっきり言ってイマイチと言うよりは、失敗に近いレベルの企画である。

普通であれば、トライ&エラーを繰り返して作品が出る事に洗練されていくのであろうが、

ことAVに限っては、悪くなる事はあっても良くなることはなく、

このシリーズを見る事は2度とないであろう。



また、全般的にパッケージから想像する様なハードなプレイは皆無で、

ただ拘束具を使用てセックスをしてます程度の普通レベルのセックスである。


ほぼ同じ基調の演出である為、女優のパフォーマンスの違いでしか差別化がされていない。

それでは、各パートの詳細を見ていく。


1人目は、椎名そら。

敏感に反応して喘ぎ悶え、派手さはないもののビクビクと痙攣して絶頂すると言う

基本的なポテンシャルの片鱗は感じさせはするものの絶頂回数は、前戯で2回、

ファックでは皆無と全く使用に耐えないセックスとなっている。

ただ、女優を拘束して責めると言う男優にコンサバな小田切ジュンを起用しているのは

大きな間違いであり、女優との相性も決して良いとは思えず、

このパート、キスシーンが皆無である事もに不満が残る。


2人目は、月島ななこ。

腹筋を凹凸に波打たせて喘ぎ悶えて感じまくって、

全身を硬直させるとビクビクと痙攣して絶頂すると言う性的パフォーマンスの高さを見せ、

絶頂回数は、前戯で8回、ファックでは6回と実用に足るものとなっている。

尚、起用された男優は鮫島であり、彼が良い仕事をした事で本作のベストパートとなる。


3人目は、尾上若葉。

全身をビクビクと痙攣させて絶頂すると言う高い性的パフォーマンスを発揮しており、

絶頂回数は、前戯で5回、ファックでは8回と実用に足るものとなっている。

ただ、起用された男優ピエール剣の中途半端な責めと拘束具の取り扱う際の段取りの悪さが目立ち、

彼もまた起用されるべき人材ではなかったかと思われる。


総じて、3パートの内、1パートは使用に絶えず、コストパフォーマンスは決して良くないものであるが、


結果的に、抜ける作品である。



完全撮り下ろし 汗ばむ肌に喰い込む拘束具、身動き不能で覚醒する性。 椎名そら 月島ななこ 尾上若葉 月島ななこと椎名そらのガチレズカップルが自宅にファンを集めて「レズ解禁」オフ会ドキュメント!! 復活 尾上若葉


関連記事
・AV Debut 片桐えりりか

・20歳、性欲、覚醒  片桐えりりか

・侵入者 片桐えりりか

・檻の中の令嬢 片桐えりりか

・若妻凌辱 自己犠牲の果ての悲劇 えりりか

・素人娘のガチSEX4 Fカップ『えり』21歳 片桐えりりか

・私を大人にして下さい。 尾上若葉

・おっぱいママを狙うマセガキ同級生 ~僕のママが寝取られて妊娠懇願…!!~ 尾上若葉