nono-800x500

新型コロナウィルスが問題になって以降、消毒液を使用した手指の消毒、テーブル、

ドアノブなどの掃除が常態化した中で、消毒薬に過敏反応を起こして身体中のあちらこちらに

異常をきたす『消毒薬アレルギー』問題が顕在化しています。

厳密に言えば塩素系消毒薬やイソプロパノールにアレルギー反応を示します。

これらアレルギー体質の方は、エタノール系には反応しませんが、イソプロパノールに
反応されます。イソプロパノールは第二級アルコールで、エタノールと比べて安価であり、

手や指の消毒用として市場に流通しているのですが、毒性が強く、注意が必要です。

手や指への直接的な使用に留まらず、現状の換気の重要性も相まって

掃除用として使えば空気中の拡散に繋がります。


具体的なアレルギー症状としては、自律神経の異常、血圧の急上昇。腹痛。頭痛、吐き気、

気分不良。頻尿などの症状が出ます。

症状が強ければ、解毒剤(グルタチオン)を対処療法薬と共に服用しなければならなく

なります。


新型コロナ対策に消毒薬がありとあらゆるところに、これでもかと当たり前に

使用されていますが、細菌はおろか細胞まで殺してしまうこれらの薬剤の人体への影響にも

注意を払う必要性があると

ドイツの遺伝子学者、ウルリッヒ・ノイシュテッターが警告を発しています。