ssni00784pl

何故かタイトルは男性目線での状況表記になっているが、AVにおける主役、所謂主体は

女優であり、男優は客体以下の裏方である事を鑑みれば、夫の部下を誘惑して云々…

と言うのが正しい粗筋なのであろうと思われる。それはともあれ、

本作はドラマと言うよりも、設定に沿ってプレイパートが用意されている程度のもので

ストーリーもなければ、リアリティもない故に、ドラマ作品と呼べるものではない。
であるならば、エロに特化した内容となるはずであるが、メインコンテンツとなるセックスは

3つ用意してあるが、どれも全てが20分前後と時間的に非常に少ないものであり、

女優の性的スペック云々以前に、時間的に腰を据えて見るべき内容となっていない。

そのくせ、ドラマ的な側面を補完する為の実践的でなく、イメージ的なセックスシーンに

多くの時間を割いている事や、屁のような内容であるにも関わらず、わざわざ、「脚本・

監督」とクレジットして監督自らの名前をおおげさにひけからしている事を鑑みれば、

厚顔無恥と言おうか、勘違いも甚だしいと言おうか、肉尊とか言う監督は、

連ちゃんパパに脳を壊されて精神構造が人間の延長線上にない純度の高いゴミと言う他ない。


以下に本作の概要を記す。

最初のパートは、セックスである。

荒唐無稽と言うか、ご都合主義と言うか、そもかく、旦那の出張中に男を引き込んで

不倫をする的な小芝居の後、お約束的なセックスと相成るが、やたらドラマ的な側面を

尾を引いており、プレイ中も芝居的な会話が多く見受けられる事から本筋であるプレイに

集中を欠く結果となっており、事実、絶頂は僅か1回しか見受けられない。


ここで、やたらと何度もまぐわっている事を示唆するイメージ的なセックスシーンに

多くの時間を割かれているが、当然のことながらドラマ性を補完する為にもので

本筋的なエロさがない事や、使えないセックスの直後のこのような意味不明のことを

やらかすことも相まって、商品に中弛みを生む原因になっている。


2番目のパートは、オナニーである。

ヒロインの放尿シーンを、間男がスマホ動画に収めるシーンから始まり、

そのまま促されてオナニーを披露するが、絶頂は1回と少ないもので、

オナニーの淫靡さを演出しようとか、表現しようとかの意図も全く見受けられず、

そもそも割かれた時間も短く、尺合わせの時間稼ぎとしか思えない。



3番目のパートは、セックスである。

ここでは前戯におもちゃが投入されている割にはトータルで2回の絶頂しか見られない

セックスとなっており、本当に退屈極まりない有様となっている。


ラストパートは、セックスである。

最後くらいは納得いくプレイが見たいものであったが、そんな願いは詮無い事であり、

最後のクライマックスたるセックスであるはずが、絶頂回数が皆無と言う意味不明の

不発なセックスが垂れ流されており、最初から最後まで全く見所のない商品となった。


尚、全編を通じて女優の相手をする男優は「ヨネヅ 」と言う無能である。



冒頭で述べたように、時間配分、構成とそもそも論として構造的にエロビデオとしては

そぐわず、また間男がスホマでハメ撮りする的な演出が所々見受けられ、それを表現する

為であろう、縦画面に頻繁に切り替わっているが、製作側思っている以上に需要のない

演出であり、少なくとも個人的には解像度も含め、見難い事から不要であると考える。


そもそも物語性なくドラマとして破綻する以前に成立していない商品であるにも関わらず、

プレイ中に小芝居をさせるものであるから男女共にセックスに集中できず、

本筋のエロ以外のシーンに多くの時間をさいて、肝心のセックスには時間を割かず、

素晴らしい性的スペックを誇る女優を無駄遣いして台無しにした結果、

商品を御破算にしてしまった監督、引いてはメーカーはゴミの見本である。


結果的に、抜けない作品である。


関連記事
・お嬢様女子大生 星宮一花エロス覚醒 人生初、痙攣3800回!怒涛の鬼ピストン27000回!はじめての大・痙・攣スペシャル



・交わる体液、濃密セックス 完全ノーカットスペシャル 星宮一花



デカ尻好きのボクを誘惑する上司の愛妻…汗だくでSEXに没頭した3日間 星宮一花 エリート捜査官の罪 ヤク漬け性奴●にされ堕ちるまで… 星宮一花 【※異常なる大絶頂】エロス最大覚醒!性欲が尽き果てるまで怒涛のノンストップ本気性交 星宮一花