1msfh00019pl

SODクリエイトよりリリースされた「希代あみ」のデビュー作である。

冒頭、ポエムの朗読と共にイメージシーンが映し出されているが、AVにおいては全く不要の

演出は勘違い甚だしいと言わざるを得ず、初っ端からこれをやらかす監督のセンスと言うか、

そのイキリっぷりには、一抹以上の不安を感じざる得なかった。

続いて最初のパートへと展開しており、最初はインタビューであるが、全てはテロップで
なされており、文字ベースの質問の場合、どうしても一問一答形式となって会話に深味が

出ないが、そもそもほんの僅かな時間しか割り当てられていない事から形式がどうであれ、

女優のアイデンティティが解るはずもない。、どちらにせよ、ろくなインタビューにしか

ならない事を鑑みれば、時間の無駄にならずに済むので、これはこれでよかったと思える。

次いで初脱ぎへと移行しており、女優は恥じらいながらも言われるがままに淡々と脱いで

全裸を晒すと指示されて膣を開いて晒したり、アナルを晒したりもしている。

更に汁男優が登場するとベロキスと軽い愛撫の後、フェラ抜きをしており、

インタビュー、初脱ぎと言うデビュー作案件とフェラ抜き要件を一つのパートに纏めて

消化しているのは悪くない構成であろう。


2番目のパートは、初セックスである。

女優は、玉木玲にベロキスされて体を弄られると積極的に弄り返しているのを見れば

デビュー作特有の初々しさなどは微塵も感じられず、愛撫されながら脱がされ、

胸を揉まれて乳首を舐められ、膣を開かれて視姦されるとクリを擦られ、クンニ、

手マンされて計2回の絶頂を見せ、男の体を舐めるとフェラをし、ペニスを挿入されると

様々な体位でファックされて喘ぎ悶えて感じまくって10回もの絶頂を見せており、

最後は顔射されるとお掃除フェラをしている。

尚、ここでは情事の後の余韻を邪魔するかの様に、監督が感想を聞くと言う無粋極まりない

愚行をしでかしている。


3番目のパートは、ハメ撮りである。

結論から言えば、男優に起用された黒田将稔のせいで、このパートは台無しになっている。

まず、「作業員」もしくは「8bit脳のサイボーグ」と蔑称されているように、短絡的な

プレイ、すなわちメリハリのない冗長なリードは退屈極まりなく、ハメ撮りと言えども

カメラを置きっぱなしにするシーンが多い事から躍動感が著しく減少していることも

見応えのないカラミに拍車を掛けている。また、致命的と言おうか、最悪なのは

このボンクラ、ぞんざいな喋り方であるにも関わらず、四六時中ベラベラと

どうでもいい事を駄弁り倒しており、

あの名匠カンパニー松尾氏でさえも、一部に「男優が女優よりもたくさん喋ると、視聴者は

萎えてしまい、どんなにいい女優が出演していても、抜けない駄作になることにいいかげん

気付けよ。頼むから引退してくれ」とまで言われているのに、三流男優がアホみたいに

喋り倒したらどうなるか、それもぞんざいな喋り方であるのだから推して知るべしであろう。

この事で女優もセックスに集中できずにおり、前戯での絶頂は電マを投入してさえ

僅か1回こっきり、ファックシーンでも4回と初セックスを大幅に下回るものとなっている。

よってとても使用に耐える内容ではなく、このパートがあるせいで本作における

コストパフォーマンスが著しく悪くなってしまっている。

更に言えば、フィニッシュは顔射であるが、この男、「(顔が)精子だらけになった」と

言ってのけてるが、巷間、無汁男優と嘲笑されている事を鑑みれば、顔中精液まみれに

したなどと妄想もいいところであり、コントにしても笑えないどころか、溜息も出ない

レベルであり、そもそも何故ハメ撮りセックスに、笑えない「オチ」をつけようと

するのか。全く以って度し難い。

余談であるが、黒田は、同クラスの森林やシミケンの若さが保たれているのに比べ、

劣化、もしくは老化が激しいのではないか。顔がパンパンに膨れてきているのが

その証左ではないのか。どうでもいい事であるけれど。ただ、確実に言えるのは

ベラベラとおしゃべりが止まらないのは老化によって前頭葉が逝かれている証拠。


ラストパートは、セックスである。

男優には鮫島が起用されており、前パートとは打って変わってほぼ無言で絡み合う

良い意味でシンプルなカラミが用意されており、女優は前戯で1回、ファックシーンでは

12回の絶頂を見せており、これは全編を通じて最高回数である事から

数字的に見てもラストに用意されるべきクライマックスに相応しいカラミであろう。

また、デビュー作故にプレイ自体はソフトなものであるが、女優も積極的に

プレイに参加している事からくんずほぐれつ的な着色されているのも善哉である。



女優は、希代あみ。

きれいな顔立ちをしており、身長157cm、スリーサイズはB90cm W58cm H85cm。

Gカップのバストに、腰は括れて、程良い大きさの尻をした適度な肉付きのボディをしてる。



冒頭で述べたように、AVにしては珍しくインタビューはテロップでなされている事から

監督の直接的な存在感の主張は皆無となっており、これは各パートの前説も男優に

委任していることからも顕著であり、また多くのパートで後説も用意されていないが、

その代わりに情事の後の余韻に浸る女優の姿はカットされている事から、これに関しては

プラスマイナスゼロではあるが、それでも尚、監督が裏方に徹して悪目立ちしないのは

僥倖であろう。


しかしながら、初セックス終了直後に、何故か音声で女優に声をかけるシーンがあり、

その後にテロップに切り替わるのは、あまりにも中途半端で整合性にも欠け、

画竜点睛を欠くと言えば良いのか、あまりにもアホすぎるチョンボであろう。


更に言えば、ハメ撮りに黒田を起用した事はミスキャストであり、

本作最大のチョンボと言っても過言でなく、こいつが台無しにしたせいで

3つあるセックス内の一つが完全に廃棄物となっている事から著しく

コストパフォーマンスをさげてしまっている。

黒田を使うメーカーは知恵が足りてないと言われる所以であろう。


女優であるが、初脱ぎシーンでこそ恥じらいを見せるが、それもデビュー作に相応しい

ものかと問われれば「ノー」と言う他なく、初セックスから躊躇なしに積極的に男優を

愛撫するシーンなどが見られる事から新人らしい初々しさは、ほぼないと言わざるを得ない。

しかしながら、初々しさとバーターする形で性的ポテンシャルを出し惜しみすることく

披露しており、初セックスから使用に足る絶頂回数を見せているのは、

個人的には好ましいものであった。


また、その性的スペックであるが、敏感にビクビクとした反応をして喘ぎ悶えて感じまくり、

激しくキレのある痙攣を見せて何度も何度も絶頂する素晴らしい性的パフォーマンスを

発揮しており、本作がデビューであることを鑑みれば、期待以上の必要にして十二分な

カラミを見せてくれている。


結果的に、確実に抜ける作品である。


希代あみ AV Debut