1stars00209jp-1

冒頭、インタビュー的な体裁のコーナーが用意されており、本来は本作の仕様を説明する

はずのものであろうが、女優の控室に凸入するところからわざわざカメラを回した上に、

監督がやたらと高いテンションで調子に乗りまくっており、こいつの悪目立ちの

ワンマンショーを初っ端に持ってきた為、これ以降のプレイパートが、

著しく白々しくも胡散臭く感じられる事は否めず、
後述するが、本作のクオリティは意外にも高かっただけに、こいつの愚行が品質を

大幅に下げているのは極めて残念であり、キョウセイとか言う監督は何年監督業を

しているのか。何年もやってこれでは、全く以って度し難い。


最初のパートは、セックスである。

男優は野島誠が起用されており、前振りとしてローションを使用したマッサージが

用意されており、美しい女優の体がテカるのは良いが、この時点で「汗」の効果は

期待できないものとなり、アホの極みの演出と言わざるを得ない。

ただ、プレイは良い意味で普通のプレイとなっており、前戯で3回、ファックで9回の

絶頂回数を数えており、女優の性的パフォーマンスも良好で、よいカラミであった。


2番目のパートは、オナニー&フェラ抜きである。

始めは指、次いで電マを使用した自慰プレイであり、絶頂は計5回を数える。

そして途中に出てきた汁男優をオナりながらフェラ抜きする演出であり、

これは良いにしても、汁男優が相互オナニーよろしく自らのペニスを扱くシーンが

長々と映し出されており、ホモビデオでもあるまいし、誰が野郎のシコっている姿を

みたいものか。この監督が視聴者のことを1㍉足りとも考えていないと言う証左である。


3番目のパートは、セックスである。

起用されたのは男優吉村卓であり、彼を使う事によってタイトルにある「唾」を担保

しようとしたのであろうが、考えても見給えよ、タイトルに記載されている「唾」は

当然のことながら女優のものであり、唾液プレイと得意とする男優を用意したところで

何もならないのは言うまでもない。

ただ、プレイとして見れば、女優は男優に負けず劣らず舐め合いを繰り広げていることから

吉村を担当させた価値はあったと言えよう。

尚、絶頂回数は、前戯で6回、ファックシーンで9回である。


ラストパートは、セックスである。

担当は男優鮫島。くんずほぐれつ絡み合う系のプレイではあるが、奇を衒った演出はなく、

良い意味でシンプルなカラミであったのは、最後に用意するクライマックスたるセックス

だけに幸いであった。また、絶頂回数も全編を通じて最高を記録しており、

即ち、前戯で9回、ファックシーンで24回を数えている。



女優は、唯井まひろ。

ショートカットの可愛い顔立ちに、身長156cm、スリーサイズは B86cm W58cm H86cm。

Eカップのバストに腰は括れて大きめの尻をした適度な肉付き、スタイル良しの肢体である。



冒頭の悪目立ちコーナー以降は監督が出しゃばる事は皆無、即ち、各パートの頭で、

前説することもなければ、プレイが終わった直後に余韻に浸る女優に図々しく駄弁りかける

事もなく、一切合切存在を誇示せず、完全に黒子に徹しているのは僥倖であるが、

其れならば何故に、わざわざ最初に悪目立ったのか。重ね重ねドアホの極みである。


「汗ダクダク」「唾ダラダラ」「潮吹きビチャビチャ」とタイトルに謳われてるが、

基本的に「汗」や「唾」や「潮吹き」に拘ったプレイとは思えず、その他有象無象のAVの

プレイと差はないどころか、下手をすれば無印の普通のエロビデオの方が液体に固執

してたりする程である。だがしかし、この事実は逆に評価したいと考えている。

なぜならば、この手の商品の多くは「潮」に拘る為、やたらとガシガシと手マンばかり

する前戯が通常であり、これはよいとしても、ファックシーンおいてハメ潮を吹かす為に

やたらとペニスを抜いたり、挙句の果てはファックを止めて手マンで潮を吹かすことに

必死になったりする事で本末転倒の細切れのようなグダグダのセックスとなったりするのが

常であるが、本作に限っては看板に偽りがあるからこそ変なギミックを強調してない事で

よい意味で普通のセックスが創出されており、これは女優の性的魅力をスポイルしない事に

繋がっていると思われる。

よって、本作では汗の代わりにローション、唾に関してはディープスロートやイラマチオで

演出、潮吹きシーンはあるが、通常のAVと何ら変わりない程度のものとなっており、

結果的に視聴者にとっては僥倖であったとしても、

よくぞここまでコンセプトを無視した商品作りができたものである。

監督も監督なら、プロデューサーもプロデューサーと言う事であろう。


更に「キメセク」との文言もタイトルにあるが、これも嘘である。

そもそも「キメセク」とは覚醒剤や危険ドラッグなどを使用しながら行うセックスを

指す言葉であり、この時点で嘘と言うか事実に即していないのが明白であるのが、

また、コンプライアンス的にも問題がある以上、AVで通常、媚薬を使用する体裁をとるが、

製作陣はファンタジーの範疇と勘違いしているのであろうが、視聴者から見れば、

こんなものは胡散臭く白々しい小芝居に過ぎず、バカにするのも程があるアホさ加減であり、

とどのつまり、マンガにおける寝落ちと同じで、稚拙で幼稚すぎると言う意味で

禁じ手である事が解ってないのであろうが、本作においては、媚薬どころか、

利尿作用があると称するお茶が出てくるレベルのお話であり、そもそもお茶に利尿作用が

あることを知らない監督のアホさ加減が功を奏して、キメたセックスが演出されていない

のは、逆説的に極めて良かったと思える。


また、本作では、セックスパートが3つあるが、どれもシングル戦で、複数プレイが

用意されていないのも良きであり、稚拙ではあるが、そして意図したかどうかは別として

各パートに差別化が行われているのも評価できるものである。


これらが、冒頭で述べた本作を高い評価する理由であるが、

そうなれば、後は女優の質の問題となるが、

敏感にビクついて喘ぎ悶えて感じまくって、全身を硬直させるとビクビクとした痙攣を

見せて数え切れない程何度も絶頂すると言う素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して

見応えのあるカラミを堪能させてくれる。


結果的に、確実に抜ける作品である。


関連記事
・唯井まひろ 18才の唇と絡みつく舌 特濃ベロチュウ発情SEX

汗ダクダク唾ダラダラ潮吹きビチャビチャ全マシ大噴出キメセクスペシャル!! 唯井まひろ 依存症なカノジョの想い出 唯井まひろ プロゲーマーを目指すヲタ男子たちを誘惑… 女性経験がほとんどない気弱なヲタに隠れたエッチの才能が覚醒しゲーマーの指テクで大噴射潮吹き手マン&激イキ乳首連打に超絶腰使いピストンで大量ハメ潮!最後は三股がバレて集団イカされまくりSEX 唯井まひろ