h_086jrzd00945pl

センタービレッジからリリースされた柳ゆうきのデビュー作である。

最初のパートは、インタビュー&初脱ぎである。

一時期、質疑はテロップでなされていたが、定着する事がなかったのであろう

ここでは男優の山本いくおがインタビュアーを担当しているが、どちらにせよ、

女優のアイデンティティを浮き彫りにする意図など微塵もないことから
インタビューと言う形式を消化する為の無駄な時間でしかない。

続いて初脱ぎが展開するが、女優は硬い表情に照れ笑いを浮かべるものの淡々と脱いで

意外と堂々と全裸にを晒しており、言われるがままに膣やアナルを晒している。

尚、途中に男優山本いくおが介入して愛撫をするシーンがあるが、

はっきり言って邪魔でしかない。


2番目のパートは、初セックスである。

下着姿の女優は、男優瀧口明宏にベロキスされると愛撫されながら脱がされて全裸にされ、

クンニ、手マンされて敏感な反応を見せて感じるも絶頂はなく、先ず唾液をペニスに

垂らして手コキをし、次いでフェラをしており、ペニスを挿入されると様々な体位で

ファックされて喘ぎ悶えて感じまくって、初セックスから8回の絶頂を見せており、

最後は疑似中出しされて終わっている。


3番目のパートは、オナニーである。

スリップにショーツ姿の女優は、先ずは体を弄り、次いで電マを使用して自慰るが、

最後の最後で1回だけ絶頂を見せるだけで、それなりに時間を割いている中で

淡々とプレイしている事で、冗長に感じられた。


4番目のパートは、手コキ抜きである。

汁男優を5人投入して、順次手コキで射精に導く段取りとなっている。

尚、最後の一人だけ女優に対してベロキスと愛撫する権利が許されているが、

絶頂シーンがある訳でなく、このパートそのものが退屈である。


ラストパートは、セックスである。

男優は山本いくおが担当しており、女優は体を弄られてベロキスされ、愛撫されながら

脱がされ、アナルを広げられて晒されて舐められると「気持ちいい」と喘いで見せ、

促されて自ら膣を開いて晒し、手マンされて潮を吹き、シックスナインで1回絶頂、

ペニスを挿入されると様々な体位でファックされて喘ぎ悶えて感じまくって5回絶頂し、

ここでも最後は疑似中出しで終わっている。


エピローグでは、お約束となった女優のシャワーをしている所に突撃する体裁で

振り返りのインタビューをするシーンとなっている。



女優は、柳ゆうき。

奇麗な顔立ちをしており、身長160cmに、スリーサイズは、B82cm W64cm H93cm。

Dカップのバストに、腰は括れて、大きな尻をした適度な肉付きの肢体である。


女優さんなので、よく言えばなんちゃってデビュー作、悪く言えば詐欺商材である。



最初のパートにおいてインタビュアーを務めた男優山本いくおが、そのまま初セックスを

担当するのであれば、構造的に自然な流れでインタビューから初セックスへと展開するが、

山本いくおがカラミを担当するのはラストに用意されているセックスとなっており、

意味も意図も解らないものとなっているが、そんなことより、「山本いくお」と言う

女性の性的ポテンシャルを引き出せないヘボの能無し男優をクライマックス足るラストの

カラミに起用している事で、商品を構成する意味において大失敗となっている。なぜなら、

ラストのセックスよりも初セックスの方が、見応えのあるものとなっているからである。



また、夫とのセックスにおいて最後は手コキで射精に導くとのエピソードを用意し、

そこから転じて、本来であればフェラ抜きパートのところを、本作では手コキ抜きと

しているが、わざわざ男優を5人も用意して次から次へと手コキさせているのは、

時間の無駄遣いであり、こんなものの為に時間を割くならば、ラストの用意された

クライマックスに当たるセックスの時間を多くすべきであろう。

手コキなどは、初セックスで散々見せ付けられており、そもそも性技の一つにしか過ぎない

ものを別途パート化されても冗長なだけであり、

デビュー作故に仕方ない事とは言え、単調なオナニーと共に中盤に持って来てる事で

構造的に中弛みを起こす原因となっている。


本作はデビュードキュメントと言う体裁の商品でありながら、全てのセックスは疑似中出し

となっており、これは『景品表示法違反』と言う立派な違法行為であり、それだけに

とどまらず、製作陣自らがデビュードキュメントを否定する行為をしているに他ならず、

それも人妻でありながらの中出しにおいて背徳感や罪悪感を演出するならまだしも

リアクションもなく、ただフィニッシュが中出しであるのは、ドアホの極みであろう。


何の意図も意味もなく疑似中出しをしているが、中出しを強調する為に膣をドアップに

する事から画面がモザイクだらけになり、昨今の粗く広範囲に及ぶモザイクでこれを

やられるとたまったものでない被害を被るのはユーザーである事から、監督、引いては

メーカーは視聴者のことを1㍉たりとも考えていないと言う証左であろう。

全く以って度し難い。


さて、女優の性的性能であるが、感度抜群に震えて喘ぎ悶えて感じまくって

切れのある痙攣を伴う絶頂を見せて何度も絶頂すると言う高い性的パフォーマンスを

発揮しているが、興醒めする疑似中出しやヘボ男優のしょぼいカラミを

わざわざ最後のクライマックスに用意しているなど、見せ方に大いに問題があり、

引いては女優の魅力を大きくスポイルしており、


結果的に、抜こうと思えば抜ける作品である。


関連記事
・【初撮り】ネットでAV応募→AV体験撮影 (柳ゆうき)




初撮り人妻ドキュメント 柳ゆうき 【初撮り】【蕩ける表情】【人生初の..】良く笑う明るい花屋さんはエッチなことをされるとトロンとした表情をし従順に男に従う… ネットでAV応募→AV体験撮影 1110