cap_e_2_300maan-510

セックスレスを拗らせた欲求不満の人妻がAVに応募してきた設定の企画である故に

「街角シロウトナンパ」と言うシリーズ名とは内容が合致せず、

このメーカーの雑でレベルの低さが窺い知れることとなる。

先ず、設定に沿って街角で女優と監督が折り合い、しばし駄弁った後、

車の中で、ローターを使用したオナニーメインのプレイが行われており、
これは前座的なものであるが、絶頂は3回見受けられる。


続いてホテルに場所を移し、男優に市川潤を迎えてのセックスが展開しており、

以下に概要を記す。

先ずは、女優が持ち込んだ自前のおもちゃで責められるシーンとなり、

ここでは2回の絶頂を見られ、フェラをしながら更にバイブ責めされて1回絶頂、

続いてペニスを挿入されると様々な体位でファックされて喘ぎ悶えて感じまくって

5回の絶頂を見せており、フィニッシュは疑似中出しとなっている。

ここで中出しである事を強調する為に精子が流れ出ている膣をアップにして

映し出すが、画面がデカくて粗いモザイクで覆われることとなり、これはどこメーカーでも

平然と行われているが、中出し演出の弊害と言わざるを得ず、真正なら兎も角も

デメリットが大きすぎる疑似中出しなどする意味はないのではないか。

この後、2回戦目が用意されているが、時間も15分程度でオマケ的なものと

言わざるを得ない。女優は用意されたスク水に着替えてから愛撫されてファックへと

移行する端折られたカラミとなっているが、前戯で2回、ファックで3回と

短い時間ながら女優はきちんと己を役割を果たしている。尚、フィニッシュは顔射である。



このような企画の場合、既存のAV女優の起用するパターンが多く、故に既知であるか、

または調べるかすれば、多くの場合、プロフィールが見つける事が可能だが、

本作の女優さんに関しては情報を得る事が出来ませんでした。


そして、この女優さんの性的性能はかなり高く、

敏感にビクついて震えて喘ぎ悶えて感じまくり、全身を硬直させると弾けるように

波打せて何度も絶頂しており、セックス力のない男優相手でもそれなりに

高い性的パフォーマンスを発揮している事から相手を選ばずに、自らの性的ポテンシャルを

開放できる能力を持っている事が伺える。


結果的に、抜ける作品である。


優木涼香



関連記事
・街角シロウトナンパ (西宮美月)

・街角シロウトナンパ (枢木あおい)

・街角シロウトナンパ (小森あんな)

・街角シロウトナンパ (石川祐奈)

・街角シロウトナンパ (八乃つばさ)

・街角シロウトナンパ (小谷みのり)

・街角シロウトナンパ (工藤まなみ)

・街角シロウトナンパ (宮沢ちはる)

・街角シロウトナンパ (河北麻衣)

・街角シロウトナンパ (志田雪奈)

・街角シロウトナンパ (三船かれん)

・街角シロウトナンパ (斉藤依子)

・街角シロウトナンパ (工藤まなみ)

・街角シロウトナンパ (悠月リアナ)

・街角シロウトナンパ (奏音かのん)

・街角シロウトナンパ (香坂みりな)