gay-4193278_960_720


「ニューハーフ」や「男の娘」だけを専門に見ている紳士はともかく、

普通のAVを見つつもニューハーフや女装子モノの作品を見る人の全ては、

自らの事をホモとは程遠い存在だと思っている。

それは体面の問題でなく、心底、そう思っている。

なぜなら、これらの人達は、ガチムチ同士のホモビデオを見ようとは絶対しないし、
見れば見たで嫌悪感を催すことは間違いのない事実であるからである。

彼らが、ニュハーフ/女装子に求めているエロスは、女性にペニスが生えている奇跡の様な

現実、ペニスが生えている女性と言う現実の様な奇跡が、その根底にあるものであろう。

本懐と言い換えてもいい。

基本的に、ベースに女性があった上で、プレミアムなオプションとしてペニスが

生えている事に興奮勃起すると言うのが、そのメカニズムと言う理解でよいと思う。


しかしながらである。とある『LGBTQ+』に属する人がマジレスしていたのだが、

おちんちんをペニクリと言い換えようが、ペニスを好む時点でホモであると。

ペニスを好き好むのは、それ自体問題ではないが、ホモの自覚なしにペニクリを好むのは

気持ち悪いと。

気持ち悪い云々は置いても、確かに呼称はどうあれペニクリはオチンチンに他ならないし、

「ニュハーフ/女装子」の作風を好むクラスタは、性転換したニューハーフは

純女と変わらないとして興味を示さない事を鑑みれば、ペニクリこそ根幹である事実を

譲ずることは出来ないに対し、当の本人である『LGBTQ+』は、ホモ気持ち悪いと言うし…。

どちらにせよ、みつるさんの言葉を借りれば、『ホモが恥ずかしいのではない 

ホモを恥ずかしいと思うその心が恥ずかしいのだ』       

(……省略されました。全てを読むにはわっふるわっふると書き込んでください)