ssni00527pl

タイトルに『3本番』と謳われているが、セックスだけ構成されている訳でなく、

おもちゃ責めやオナニーなどの収録時間の枠潰し的なパートも用意されているが、

通常よりも長い150分と言う収録時間を鑑みれば時間潰しとも言えず、

意味不明の構成と言えよう。もしくは看板に偽りのある商品である。

内容は順にセックス、セックス、オナニー、おもちゃ責め、3Pと言う構成となっており、
以下に概要を記す。

最初のパート(セックス)。

吉村卓が起用されているが、相性が悪いのか何なのかは解らないが、

タイトルで盛大に謳っている様な性的パフォーマンスを女優は発揮しておらず、

事実、絶頂回数は1回こっきりと全く以って使用に耐えないもので、

出足をくじかれたとしか言えない見るに堪えないカラミであった。


2番目のパート(おもちゃ責め)。

男優は黒沢せつねと野島誠が起用されており、ローターやバイブ、電マを使用しての

責めで女優は6回の絶頂を迎えている。


3番目のパート(セックス)。

男優は鮫島が起用されており、前パートとは打って変わって女優は素晴らしい

性的パフォーマンスを発揮しており、絶頂回数は前戯で4回、ファックで8回である。


4番目のパート(オナニー)。

ここでは指で膣を弄って1回、ディルドを利用して1回、計2回の絶頂をしている。


5番目のパート(3P)。

再登板した野島誠と黒沢セツネが起用されている。

尚、絶頂回数は、前戯で1回、ファックシーン6回である。


ここまでは男優との相性問題や絶頂回数が少ないパートなど問題点があるものの

粗製乱造されるのが通常業務となっているAVとして見れば決して悪いレベルではなく、

監督は一切合切露出せず、男優も悪目立ちすることなく、両者共に黒子に徹し、

またプレイも奇を衒うことなく、「尻」をフィーチャーするコンセプトがあるにも

関わらず、極端に『尻』に拘った演出がない故に

即ち無理な体位やややこしいアングルでの撮影もなく、

自然なテイストとなっているのも受け入れやすい作風となっていた。

ただ、問題はラストパートに設定されている3Pであり、

男優は黒沢せつねと野島誠が採用されているが、彼らの資質どうこうではなく、

タイトルから慮れば「初イキ大絶頂」であったり、「デカ尻」であったりするのが

コンセプトのはずであるはずが、

このパートではやたらと「潮」を吹かす事に拘っており、これが最悪の弊害を生み、

特にファックシーンで顕著に見受けられるのが、ハメ潮を吹かそうと男優は

頻繁にペニスを抜くことで細切れの様なプレイシーンとなり、女優を逝かし切れないと言う

致命的な間違いに繋がり、それは、グタグタなセックスと言う他ないもので、

全く以って度し難いと言わざるを得ないものであり、

更に言えば、ここまで黒子に徹していた監督が、我慢の限界を超えたかの様に

セックスが終わった直後に、どうでもいい事を長々と喋って

余韻に浸る女優を邪魔すると言う最もしてはいけない無粋と言う名の愚行をしでかしており、

最後の最後を台無しにしてしまっている。

これが、中ほどの用意されているパートであれば致命傷にはならないが、

最後のパートと言うのは、商品の最大強度のピークを持ってくるべきであるにも関わらず、

コンセプトにない演出に注力してカラミを台無しにした上に、

監督の承認欲求を得る為の悪目立ちがオーラスを御破算にする様なプレイでは、

とてもとてもクライマックスになるべきセックスとは懸け離れたもので、

極論を言えば、ビチクソの様なプレイばかりの作品でも

最後に用意したセックスが素晴らしいものであれば、それはコストパフォーマンスが

悪くとも使用に耐える商品となるが、

この真逆、即ち、クライマックスたる最後のパートにビチクソプレイを持ってくれば、

商品そのものが最悪なものとなり、本作はこれに当てはまる。


女優は、敏感にビクつき、小刻みに震えて喘ぎ悶えて感じまくって

弾ける様な切れのある激しさで全身を波打たせて絶頂すると言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮しているものの


女優を無駄遣いした上で、商品自体を台無しにして、

何もかもを御破算にする全く以って度し難い監督のせいで、


結果的に、抜けない作品である。


神尻少女 初イキ大絶頂 ビックンビックン!デカ尻大痙攣3本番 神木まほろ 新人NO.1STYLE 神木まほろAVデビュー