apod00005pl

タイトルにもなっている設定、つまり、草食系の彼氏とのセックスでは物足りない

女性がAVに応募してきたと言うストーリーのもと、

定番の各種エロパート、ハメ撮り、オナニー&おもちゃ責め、フェラ抜き、セックスが

用意された何の捻りもないエロビデオ的な構成、演出となっている。

尚、シリーズの冠にもなっている『危険日生中出し』であるが、
出来の悪い疑似中出し商品の為、また演出が稚拙で幼稚な為、エロを補足する効果は

全く認められず、何の意味もない事は併記しておく。

以下に概要を記す。

最初のパートは、ハメ撮りである。

初めに屋外の公園でのインタビューから始まり、そのままオンボロのアパートの一室に

移動してハメ撮りと言う流れとなっている。尚、インタビュアーをしていた監督と思しき

人物がハメ撮りをしているが、セックス力が乏しく、緩やか過ぎる単調なペースが

延々と続き、フィジカルはおろかリードすらろくすっぽ出来ないでいる為、

極めて冗長なプレイとしか映らない。しかしながら、女優の性的ポテンシャルが高い故に

セックスとして成り立っているのは幸いである。

尚、絶頂回数であるが前戯で6回、ファックシーンで17回となっている。


2番目のパートは、オナニー&おもちゃ責めである。

始め指での自慰で2回絶頂、次いで男優が登場してのおもちゃ責め、

具体的には電マとバイブが使用されており、計12回の絶頂を見せている。


3番目のパートは、フェラ抜きである。

汁男優3人に対してフェラをして射精に導く、短絡的なプレイである。


ラストパートは、セックスである。

おそらくはおもちゃ責め時に起用された男優が担当しているが、見覚えがないマイナーな

カストリ男優の為か、ハメ撮り時のド素人と負けず劣らず、メリハリのない単調で冗長な

リードのもと、セックスが展開されている。ただ、ここでも女優の性的パフォーマンスが

際立っている事で、濡れ場としては必要最低限には成り立っている。

尚、絶頂回数は前戯で6回、ファックシーンで13回となっている。


女優は、高梨ゆあ。

奇麗な顔立ちをしており、Gカップのバストに腰は括れて大き目の尻をした

適度の肉付きの肢体である。



本作で出ている男優は全て顔に粗いモザイクが掛っており、映像作品におけるモザイクは

情報を恣意的に欠如させるのと同義である事、ましてや日本の場合、是非もなく

性器にモザイクがかけられる事を鑑みれば、本来必要ない部位に処理を施すなど

アホの極みであるが、最初に用意されているハメ撮りにおいて、ド素人以下のハメ手が

画角を確認する為にファインダーを覗き込んでおり、本当であれば、気持ち悪いおっさんと

目を合わさなければならなかったことを考慮すれば、顔にモザイク処理をしていた事の

メリット、デメリットは、プラスマイナスゼロだと個人的には思う。


ハメ撮り以外のパートは全てホテルで撮影されているが、何故かハメ撮りだけが

薄汚いアパートで撮影されているが、そこに意図も意味も見出せず、

だとするならば、初っ端から極めて貧乏くさい印象を受ける事で、

著しい貧窮感が作品全体のイメージとなっている事に製作陣は気付いているのだろうか。

また、男優達が皆、誰も彼もがセックス力に乏しいポンコツである為、

プレイ自体がメリハリのない冗長で単調なものとなっている事で、

これもまた商品のクオリティが著しく低い要因の一つになっている。


ただ、本作は貧乏くさく質感が悪いだけであり、製作側が悪目立ちしたり、

承認欲求を得る為に余計な愚行をしでかしている訳でない事で

女優の性的ポテンシャルを少なくとも阻害していないのは幸いであり、


女優は、敏感にビックンビックンと体を波打たせて喘ぎ悶えて感じまくって、

全身を硬直させると激しくキレのある痙攣を伴う絶頂を数えきれない程何度も見せており、

快楽の余韻の中、息も絶え絶えにビクビク悶えると言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して見応えのあるカラミを堪能させてくれる。


結果的に、確実に抜ける作品である。


「大好きな彼がいるのにもっといっぱい違う人とSEXがしてみたくて…」爆乳エビ反り絶叫痙攣イキ危険日生中出し Gカップでクビレもすごい さらさん 【スレンダーF乳】神スタイルの現役JDを彼女としてレンタル!口説き落として本来禁止のエロ行為までヤリまくった一部始終を完全REC!海の見えるホテルに連れ込んで完璧なカラダを貪り尽くす!!激ウブ美少女がオイリーSEXでどエロ覚醒!! 放課後おっぱい性感リフレへようこそ!! 制服少女と回春中出し風俗5コース ゆあちゃん 高梨ゆあ