hnd00674pl

タイトルにあるままの彼女の妹に愛され過ぎて中出しセックスをすると言う内容であるが、

総じて、絶頂回数的な意味合いで言えば、ほぼ不発と言っても過言ではないレベルの

プレイしか展開されていない。本作は3つのセックスとフェラ抜き、計4パートで

構成されているが、具体数に述べれば、①前戯1回、ファック0回 ②前戯2回、ファック3回 

③前戯2回、ファック2回と言う様に、絶頂回数的に見て全く使用に耐えるものではない。

絶頂と言うは快楽の頂点であり、山があるから谷が出来てテンポが生まれるが、

絶頂がなければ、ダラダラしたプレイが続いた挙句、冗長で退屈で眠たいセックスに

成り下がる事を鑑みれば、本作はセックスの内容で魅せようとは

していないのであろう。では、何を『売り』にしているのであろうか。

例えば、彼女の妹と言うコンセプトから罪悪感や背徳感を強調しているのかと問われれば、

本作はドラマ作品ではなく、それはストーリー性がない事からも明白であり、

いいとこ、荒唐無稽でご都合主義的な設定の上に、エロをポン付けした程度の

商品である事から、否と言う他ない。

一つ考えうるのは、「主観映像で魅せる」事で視聴者に抜いて貰おうと考えているのかも

しれないが、本作は主観っぽい作風であって、主観ではない。


何故か。主観映像と言うのは、「登場人物の視点で撮影された映像」のことであり、

本作で言えば、男優目線=視聴者目線と言う体裁なのであろうが、

実際のところは、女優がカメラ目線と言うだけで、主観映像とは似ても似つかないもので、

これは本作だけの限らず、AV全般の主観作品に言える事であるが、

勘違いしているのか、そもそも解っていてそれしか表現する技術がないのか。

どちらにせよ、それでは主観でエロを表現するなど程遠いことであろう。


であれば、本作のアピールポイントは何なのか。

さっぱり、わからない。


となれば、後は悪癖だけが目立つ事になる。

それは冒頭に述べた様に、絶頂回数が少ないカラミであったり、

タイトルにもある様に全てのセックスで中出しとなっているが、ドキュメントでない以上、

疑似中出しでも全然構わないが、ストーリー的に必然性も必要性もないばかりか、

この粗くデカいモザイクを使用するご時世、膣から流れ出す疑似精子をドアップで

映す事から画面がモザイクだらけになり、昨今の劣化モザイクでこれをやられると

たまったものでない被害を被るのはユーザーである。

拠って、本来、中出しなどすべきではなく、「本中」(ホンナカ)と言うメーカーが

「本中」(ギジナカ)に看板を掛け変えてからでも長い時間を経ている事を鑑みれば、

もうドキュメントどころのお話ではなく、こんなドラマ風の商品で疑似中出しまでやる程に

落ちぶれているのではあれば、メーカーそのものの存在価値は、どこにもないであろう。

全く以って度し難いメーカーがリリースした商品である以上、

これには何の価値もないものである。


女優は、藤波さとり。

可愛い顔立ちをしており、身長152cm、スリーサイズが、B82cm W55cm H83cm。

Cカップのバストに、腰は括れて、程良い大きさの尻をした適度な肉付きの肢体である。

尚、相手役は男優細田が起用されている。


ここまで散々述べてきた様に、商品はビチクソレベルのものであるが、

女優の性的性能は素晴らしくもので、即ち、感度抜群にビクビクと痙攣して

喘ぎ悶えて感じまくって、激しくキレのある痙攣伴う絶頂を見せると言う

トップレベルの性的パフォーマンスを発揮して魅せている。


本編に関しては絶頂回数自体が少ないのが残念ではあったが、

主観っぽい商品故に、ほぼ全てのシーンで女優がカメラに向かって長々とした

セリフを喋り続けると言う演出がなされており、実働と言う意味においては

女優がプレイの流れをメイクせざるえない状況では、

もはや感じている暇などないであろうことは明白であり、

監督のアホな演出が、魅力的な女優を台無しにした事で

商品自体が御破算となってしまっている。

本作を鑑賞して良かったことは、ただ一つだけ。

藤波さとりさんと言うAV女優を知り得たことだけであり、


結果的に、抜けない作品である。


彼女の妹に愛されすぎてこっそり子作り性活 藤波さとり 【プールナンパ×まなちゃん編】黒髪清楚なビキニ女子と飲みアポGET!ほろ酔い気分でハメ撮り成功⇒実はビッチで中イキしまくりの淫乱娘だった件…! 背後から膣奥深く侵入する鬼畜チ○ポにイキ堕ちる危険日孕ませバック痴漢 藤波さとり