1sdmu00938pl

一応デビュー作と言う体裁ではあるが、起用された女優は、所謂「裏からの使者」と

呼ばれるアヤカシであり、即ち無修正商品を活躍の場にしていた人材である。

よって、デビュー作と言うのは名ばかりでのナンチャッテであると言わざるを得ず、

まだ『無修正』デビューであれば、今まで見えなかったモザイクの向こう側が

白日の下に晒される事からまだ価値はあるものの、今まで見えていたものに
モザイクがかかった上での『修正』デビューでは全く価値のないものであろう。

確かに我が国の法律に乗っ取って性器をモザイクで修正した商品であれば、

誰彼と合法的に購買できる可能性はあるものの、このネット時代においては

それ程手間暇かけずに、もっと言えばお金すらかけずに無修正を見る事が可能である以上、

「裏からの使者」には価値はないものと思われる。

また、これをSODとか言うメーカーがわかっていた商品化していれば

もはや限りなく詐欺商法に近いものと言わざるを得ないが、

仮に、知らずに企画していたとすれば、これはもっと問題であり、

製造者責任を著しく欠いたものであり、確かこの会社のトップはアグリビジネスを

展開していると聞いているが、それが事実なら食の安全性もしくは安心に関して極めて

懐疑的にならざるを得ないのは由々しき自体ではないのか。

とは言え、こんな余談はエロとは何の関係のないことであり、

肝心であるのは、本作にエロビデオとしての資質があるやなしやと言う事であろう。

拠って以下に本編の概要を記す。


最初のパートはインタビューである。

監督は薄っぺらい質疑しかしていない事で女優のアイデンティティは解らないものと

なっており、これは初撮りの真偽云々とかは関係のない話で、

インタビューと言うのは相手の話したことを手掛かりにして、さらに質問を重ねて話を

深める作業なのだが、デビュー作の体裁を取っているにも関わらず、粗製乱造される

AVと似たり寄ったりの用意された質問事項を言うだけの、それもアホみたいな事を

聞くだけでは、とてもとてもインタビューと言えたものでなく、

監督、引いてはプロデューサーの徹頭徹尾ド低能さが伺えるものである。


2番目のパートは、初セックスである。

起用された男優は橋本和明。チビ男優との身長差を監督を交えてコメディタッチで

表現しているが、そのやり方が極めて稚拙で幼稚な為、反吐が出る印象を持つ。

また、内容的には普通のプレイであるが、逝った経験がない設定がある為、

女優はよく感じているが、絶頂はしてない。


3番目のパートは、3Pである。

オナニーから始まり、途中に不自然に女優に目隠しをさせると男優2人が登場して

女優を拘束しておもちゃ責めをしてと言う前戯の流れとなっているが、

これまた稚拙で幼稚な演出の為、白々しくて興醒めである。

その後、ファックシーンへと展開するが、ファックするのは一人だけであり、

もう一人の男優はぶっかけ要因でしかなく、変則的な3Pとなっている。

尚、ここでの女優はオナニー時に1回だけしか絶頂を見せていない。

また、男優は見た事も聞いたことなない三下男優であった。


ラストパートは、4Pである。

ここでのチビ男優要員は再登板した橋本和明を始め、結城結弦を起用しているが、

おそらくきちんとしたカラミを成立させる為か、女優とそん色のない大柄な

ジャイアント廣田も登場している。

ただ、内容的に幼稚に身長差を演出してはいるが、プレイは特筆すべきもののない

複数プレイとなっており、ある程度名の知れた男優が3人も揃っておいて

女優を1度も絶頂に導けていない事から、こいつら全員男優失格であろう。


女優は、大谷翔子。

きれいな顔立ちをしており、身長180cm、スリーサイズは、B80cm W59cm H94cm。

Cカップのバスト、腰は括れて、大きな尻をした均整のとれたプロポーションをしている。

尚、冒頭で述べた様に、泉麻里香(一本道)、川田小波(ガールズデルタ)、

曽根本あかり(エッチな4610)、さよこ・えみ(FC2動画)と様々な名義で

無修正メーカーから商品をリリースしている。

また、このデビューにあたり付けられた名前は、見ても解る様に適当すぎるものであるが、

もしかしたら裏と表の二刀流ってことなのであろうか?

だとすれば頭が悪すぎると言わざるを得ないどころか、脳に欠陥があると思うので、

閉鎖病棟に入院して治療に専念することをお勧め致します。


さて、先ず述べたいのは本作の監督、肉丸ヒロシとか言う輩の喋り方が気持ち悪い事で

悪目立ちと言う程の出しゃばりではないが、デビュードキュメントを担保したいのか

パートの冒頭と末尾には必ずと言ってよい程に喋りで女優に絡んでおり、

それも頭の回転が悪いのか、会話のやり取りがきちんとした成立しておらず、

見ていて(聞いていて)不快と言う他ない。


また、180㎝と言う女優の身長を強調したいのは解りはするが、

そのやり方が稚拙で幼稚な為、余計な演出としか思えず、

また、最後の3Pにおけるジャイアント廣田以外はチビ男優ばかりを起用しているが為、

必然的に体位やプレイに制限がある事で、女優の性的ポテンシャルを引き出す妨げと

なっており、確かに身長云々は差別化なのかもしれないが、それはエロビデオとしての

条件を成立させてから、即ち女優に性的パフォーマンスを発揮させてからの脚色であって

身長差だけを強調してエロに注力しないなどは本末転倒ではないのか。

と言うか、徹頭徹尾ド低能であろう。


総じて、クオリティが低すぎる商品ではあるが、

女優の性的ポテンシャルは非常に高いものであり、

感度抜群にビクビクとした痙攣反応を見せて否応なく快楽に沈むが如く喘ぎ悶えて

感じまくる姿を見せており、今後に大いに期待できる逸材であることは

間違いないと思われるが、問題なのは絶頂がオナニー時に1回だけと言う事であり、

絶頂と言うは、快楽の頂点であり、山があるから谷が出来てテンポが生まれるが、

絶頂が少なければ、メリハリのないカラミが展開してダラダラしたプレイが続いた挙句、

冗長で退屈で眠たいセックスに成り下がるだけであり、


結果的に、抜けない作品である。


身長180cm 新人 大谷翔子 AV debut