h_086toen00015pl

センタービレッジの人妻デビューものであり、同メーカーの定番商品である

『初撮り人妻ドキュメント』と趣向を変えた演出を施してあるものの

これに拠って良くも悪くもセンビレの特徴はスポイルされ、有象無象に粗製乱造される

人妻デビュー作に成り下がっているのは残念であり、この企画を考えた人物はアホであろう。

初めにインタビューから始まっているが、普通に、もしくはこれまでの定石通りに

スタジオで撮影したらよいものを、わざわざ白々しく屋外で待ち合わせて

その辺のベンチに座って質疑すると言うこのロケーションに意味があるのかと

問いつめたい程の意味不明な演出である。

また、インタビューの内容はステレオタイプのものであるだけでなく、

女優のアイデンティティを深堀する意図など微塵も感じられない薄っぺらさである。


最初のパートは、初脱ぎ&オナニーである。

女優は言われるがままに、されど躊躇いながら、羞恥と緊張を見せつつ脱いで

全裸になり、ここで男優を目の前にして自慰をする指示を受け、

見せ付ける様に膣中を指で掻き回して絶頂している。


2番目のパートは、意味不明である。

バスルームで男女がお互いを洗い合う体裁で愛撫し合う演出が取られているが、

絶頂も射精もなく終了している事から、あまりにも中途半端すぎて時間の無駄である。



3番目のパートは、初セックスである。

女優自らがリードしたセックスを希望している事から、ここでは自らがお願いして

男優に奉仕させるプレイ基調となっており、基本的に彼女の思うがままのカラミと

なっている割には、前戯で2回、ファックシーンで5回の絶頂と初っ端から高い性的

パフォーマンスを発揮しており、、多くの場合に見受けられる羞恥と緊張でエロが

スポイルされて使用に耐えないデビュー作初セックスと異なり、

意外にも見応えのあるものとなっている。

しかしながら、フィニッシュは疑似中出し、それも素人の人妻であるはずの女優が

望んでのものである猿芝居をしていることから興覚めである。

尚、ここまでは全て男優市川哲也が担当している。


4番目のパートは、フェラ抜きである。

裸エプロンに着替えて料理をする途中で男優が登場して愛撫されると言う

陳腐で使い古されたシチュエーションから始まっているのは溜息も出ない。

ここでは愛撫され1回絶頂を見せた後、イラマチオされて口内射精されている。

尚、男優は山本いくおが担当している。


ラストパートは、セックスである。

男優は山本いくおが担当しており、こいつのヘボさは目を見張るもので、

前戯では電マを使用しているにも関わらず、絶頂に導くことが叶わず、

女優自らが電マを使用しての自慰でやっとのこと2回の絶頂を見られ、

肝心のファックシーンでは初セックスを大きく下回る3回の絶頂しかないでは、

全く使用に耐えるものではない。また、ここでは顔射フィニッシュとなっている。


女優は、松ゆきの。

奇麗な顔立ちをしており、身長154cm、スリーサイズが、B80cm W56cm H83cm。

Bカップのバストに、腰は括れて、程良い尻をした引き締まった筋肉質の

スレンダーボディである。


女優は、敏感に反応して喘ぎ悶えて感じまくって

全身を硬直させると小刻みに痙攣して絶頂して虚ろになると言う

新人らしからぬ性的ポテンシャルの片鱗を見せており、

今後は大いに期待できる人材であると思われる。



黒子であるはずの監督が悪目立ちする商品はよく見かけるが、

本作も例に漏れず、この傾向を踏襲しており、最初のインタビューから初脱ぎ、

そして愛撫だけに終始する中途半端なエロパートと初っ端からずっと喋り倒しており、

更には、セックスを含むエロパートの冒頭には必ず女優に喋りで絡んでおり、

確かにデビュードキュメントである故に、女優との会話が必要と考えているのであろうが、

インタビューと言うものを理解していない、即ち、相手の話したことを手掛かりに

さらに質問を重ねて話を深める作業をしていないだけでなく、

用意された世間話レベルの質問事項を言うだけでは、

そもそもドキュメントなどとは程遠い代物であり、

疑似中出し演出をしている時点で、製作陣そのものがドキュメントを否定しているとしか

思えず、どちらにせよ、この監督はダメであろう。


また、人妻ものだからと言って裸エプロンだの何だのと陳腐で使い古された演出が

頻繁に見受けられるが、もう少し目新しいアイデアはないのであろうか。


おそらく既存のシリーズである『初撮り人妻ドキュメント』との差異は、

女優にデビュー作らしい初々しさを演出していない点にあろうが、

だからと言って極端な差別化が施されているとは言い難く、

初脱ぎでは緊張と羞恥が見受けられる事から、ここだけは初々しさを感じられるが、

その後は、女優の希望で自らがリードするプレイが展開しており、勿論の事、

初々しさなど感じることはないが、そうであればデビュー作の意味はないのではないか。

また、それならそれで最後までこの演出で押し通したらよいものを

彼女を言葉を借りると「命じられたい」「めちゃくちゃにして欲しい」と豹変した事で

後半から真逆の性癖を見せており、あまりにもキャラの整合性がとれない上に、

起用された男優が山本いくおである事から、サディスティックどころかそれ「風」の

責めも出来ておらず、致命的なのは彼女の性的ポテンシャルを引き出せない程の

ヘボ男優であったと言う事で、初セックスが思いがけずに良いカラミであったにも関わらず、

クライマックスであるはずのラストのセックスがカス男優のせいで台無しになっている。


女優はキャラ的にもプレイ的にも「清楚妻」とタイトルにあるものとは懸け離れたもので、

看板に偽りありと言っても過言ではなく、また作風と言おうか、設定された女優の性格を

鑑みれば、新人らしい初々しさはほぼ演出されていないといっても過言ではなく、

となれば、デビュー作的な羞恥や緊張による制約を受けずにエロスを見せる事は可能となり、

事実、初セックスから高い性的パフォーマンスを発揮しているものの

実際の所、男優の選択、及び演出、即ち監督以下製作陣が、何もかも失敗している事から

魅力的な女優を台無しにして上で、商品自体を御破算にしてしまっており、


結果的に、抜けない作品である。


初撮り清楚妻 松ゆきの 36歳 AVデビュー 純正肛門中毒の女 最狂上級者SP あなる屋 こう見えて僕の彼女は 尻穴2本挿し3穴でイき狂う女だった件 (アナル生中出し) 松ゆきの