mifd00066pl

ムーディーズよりリリースされた三船かれんのデビュー作である。

但し、昨今問題視されている同時多発デビュー対象者であり、


作品がある。尚、本作では大学院生となっており、作品ごとに名を変え、肩書を変えての

デビュー作詐欺となっている事から、本当の意味での初撮り作品を特定する事は叶わない。
これは初撮りを最重要視する新人フリークからは敬遠される要素かもしれない。


最初のパートは、インタビュー&初脱ぎである。

女優と監督が世間話をしている雰囲気のシーンから始まり、

後から認識できる事であるが、オフショットの体裁となっており、

これでデビュードキュメントを担保しているつもりなのであろうが、

前述した様に世間話程度では、女優の雰囲気すら解らず、更にはこの後に用意されている

本格的なインタビュー及び、それ以降のパートでの質疑は全てテロップとなっている事で

整合性がとれないばかりか、異様で不自然に感じる演出である。

そして肝心のインタビューでは、粗製乱造されるAVと同様のステレオタイプの

質問でしかなく、女優のアイデンティティは解った者でなく、冒頭で述べた様に

同時多発デビュー対象者である事でインタビューそのものが胡散臭いもとなっている。

そうでなくとも、相手の話したことを手掛かりにして、さらに質問を重ねて話を深める

作業が出来ていない事から本質的な意味でのインタビューの体裁を成し得ていない。


その後、初脱ぎへと展開しているが、女優はここまで同様、照れ笑いは見せるものの

羞恥や緊張感を見せることなく、テロップにて指示されるままにに淡々と脱いで

全裸になると膣をアナルを晒すポーズを取らされているが、意外に堂々としている。


2番目のパートは、初セックスである。

女優と男優玉木玲はどちらともなくキスして舌を絡まし合い、首や耳を舐められながら

胸を触られて早くも普通に感じて喘いでおり、愛撫されながら脱がされていき、

膣を開かれて晒されると糸引く愛液を見せ付けられ、クリを擦られ、クンニ、手マンされて

2回絶頂し、男の体を舐めるとフェラをしてパイズリも見せており、

ペニスを挿入されると様々な体位でファックされて喘ぎ悶えて感じまくって

4回の絶頂を見せており、最後は胸に射精されると、お掃除フェラならぬ

お掃除的な意味合いでのパイズリをされている。


3番目のパートは、パイズリ抜きである。

汁男優と抱き合いベロキスするシーンから始まり、次いでフェラして

最後はパイズリをして射精に導いている。


4番目のパートは、おもちゃ責めである。

マッサージの体裁の小芝居から始まるが、施術の体裁を取ってるものの

初めからローションを使用した愛撫に他ならず、その後に乳首のみにローターを使い、

次いで電マとバイブを女性器に当てられて2回だけ絶頂を見せている。

尚、男優は小田切ジュンが担当している。


ラストパートは、セックスである。

男優は小田切ジュンが担当しており、女優は後ろから抱きしめられて体を弄られると

キスされて舌を絡まし合うシーンから始まり、愛撫されながら脱がされて全裸となり、

膣を視姦されるとクンニ、手マンされて3回絶頂し、逝きながら潮を吹く場面も見られ、

男の体を舐めながら促されて自らの股間を弄り、フェラをし、シックスナインを経て

ペニスを挿入されると様々な体位でファックされて喘ぎ悶えて感じまくって

なんと14回もの絶頂を見せて、その回数をこれまでと比べて飛躍的に上げており、

最後は顔射されて終わっている。


女優は、三船かれん。

きれいな顔立ちをしており、身長160cm、スリーサイズは、B90cm W58cm H86cm。

Gカップのバストに、腰は括れて、大き目の尻をしたムチっとした肉付きのボディである。



監督が声を出して喋るのは冒頭のオフショット風のインタビューシーンのみであるものの

各パートの冒頭と末尾には必ずテロップにて余計な会話を交わしており、

特に酷いのは、情事の直後に余韻に浸る女優を邪魔するかの様に、

どうでもいい事を問いかける演出であり、次パートの冒頭で同じ事を聞いている事を

鑑みれば、極めて無粋と言う他ない。


また、初セックスでプレイの一環として見せられたパイズリを、それも胸への射精から

お掃除フェラ的な意味でのパイズリをする程にわざわざ強調しておいて、

その直後にわざわざパート化してまでパイズリ抜きを用意しているのは

意外性も何もなく、退屈であること極まりない事から

作品の一連を流れを中弛みさせる要因となっており、

その後に用意されたおもちゃ責めパートであるが、小芝居とまではいかないが、

マッサージと称した愛撫から始まるのは冗長であり、

肝心のオモチャ責めも余計な部位を重点的に責めたものであるから

絶頂はたったの2回と「抜きパート」に続いて「おもちゃ責めパート」も

中弛み感を加速させており、

AVにしろ、何にしろ、映像作品で非常に重要な要素であるテンポを

製作自ら断ち切る様な構成は自殺行為であることから

監督の徹頭徹尾ド低能さが窺い知れるものである。



女優は全く羞恥や恥じらいを見せていないとは言わないが、初脱ぎでも堂々と裸体を晒し、

初セックスでも早々と快楽を享受している事を鑑みれば、

また同時デビュー対象者である事から本作が初撮りではない可能性が排除できない事もあり、

デビュー作特有の新人らしい初々しさを感じられるものではないが、

それとバーターする形で、その性的ポテンシャルには制限がかかっておらず、

確かに序盤戦では絶頂回数は多くはないものの、最後の用意されたセックスでは

積極的に快楽を享受する姿勢を見せて、もはやデビュー作と思えない程に快楽に没頭して

逝きまくっている事からもファーストプライオリティを女優の性的パフォーマンスに置く

性的趣向を前提にすれば、個人的には悪くないものであった。


即ち、敏感に小刻みに震えて感度抜群にビクビクと反応して喘ぎ悶えて感じまくって

弾ける様な激しく切れのある痙攣を見せて数えきれな程何度も絶頂して、

息を荒げてビクビクとした痙攣が止まらない状態で虚ろになって悶えると言う

新人らしからぬ素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して見応えのあるカラミを

堪能させてくれる。


結果的に、確実に抜ける作品である。


乳首が超敏感ふわふわGカップ普段は勉強ばかりの大学院生AVデビュー 三船かれん 「貴方、ごめんなさい私、実は変態でした…」 経験値の低いウブ清楚妻を調教AV撮影 純白Gカップパーフェクトボディ妻(25歳)AVデビュー お嬢様大学に通いながら高級ソープに出勤する美乳女子大生デビュー かれん