nsps00767pl

ヌードモデルをしている妻に内心穏やかでない夫は猜疑心を拗らせて

盗撮して不倫が発覚すると言う設定がベースとなっており、

マドンナなどの有象無象のメーカーが粗製乱造するAVにおけるドラマ作品では

夫が嫉妬しながらも興奮して云々と言う手垢に塗れたストーリーに集約するが、

本作はそんな陳腐で稚拙で幼稚な「ネトラレ」ではなく
当然ながら少ないながらもたまに見かける夫が他人に妻を抱かせる「ネトラセ」でもない。

タイトルからはNTR的な印象を持たないものの

赤の他人の男に抱かれて随喜の快楽に溺れる妻を見て、

夫は己の敗北感に苛まされると言うちょっと見かけないプロットを採用しており、

また、夫の前では貞淑な妻である反面、底なしの性欲を持つ淫乱であると言う

ヤヌスの鏡の様な二面性を持つキャラクターを妻に与えている事と相まって

実におもしろいドラマ作品に仕上がっており、

リアリティの有無は別として、意外性と言う意味ではとても興味深い内容である。

ただ、タイトルにある『こんなスケベな私を見てください。』は内容と比して

意味不明であり、誰が考案したのかは知らないが、とりあえずはアホであろうことは

疑う余地はない。


あくまでも相対的にではあるが、AVにしてはよく出来たドラマ作品である事は認めは

するものの、やはり、この「ながえスタイル」と言うメーカーは

映画カブレと言おうか、おそらくは映像作家を目指すも箸にも棒にも掛からぬ能無し故に

映画に憧れを抱きながらAVでしか撮影できないからであろう、

アホみたいに芝居に注力しすぎており、

テロップで3行で済むところをに長々と時間を割いても冗長で退屈なだけであり、

エロビデオ云々は別としてもこんなにもテンポの悪い構成をしていれば、

どれほど映画を目指そうとも落ちこぼれ倒してAVでしか作品を制作できないはずである。

以下に具体的な内容を記すと


初っ端に登場人物とその関係性や作品の基本的な設定を長々20分も垂れ流し、

その後、エロパートはセックスシーンが4つ用意されており、

フェラ抜きやオナニー、おもちゃ責めなど通常のAVで散見されるプレイを

パート化していないのは評価できる。

ただ、4つあるセックスの内、まともなカラミは最初と最後だけであり、

その他の2つのカラミは、ドラマを補完するためのものであるが、

中途半端に時間を掛けて中途半端に終わる為、使用に耐えないのはおろか、

前述したテンポが悪くメリハリのない流れの原因である中弛みを生じさせている。


総じて、プロットは悪くないもののイケてないドラマに拘りが過ぎて

ダラダラとした展開には辟易する印象は否めないものの

「ながえスタイル」や「FAプロ」がリリースするこの手の偏重したドラマ重視の

作品の多くは、エロシーンを軽視しているのか、抜けてナンボと言うエロビデオの

本懐を理解していないのかは解らないが、

兎にも角にもセックスが中途半端過ぎてエロくない傾向にあり、

つまりは女優の性的ポテンシャルを引き出せていない商品の枚挙に暇がないが、

本作に関しては、女優の性的魅力が思う存分発揮されており、

起用された男優が石橋大砲や阿部智広と言ったロートルもいい所の3流であるにも関わらず

と言う事を鑑みれば、このことだけで十二分に評価できよう。


女優は、名森さえ。

綺麗な顔立ちをしており、身長180cmに、スリーサイズは、B88cm W64cm H88cm。

Dカップのバストに、腰は括れて、大き目の尻をした

均整のとれた美しいプロポーションをしたグラマースタイルである。



女優は感度抜群にビクビクと波打つように喘ぎ悶えて汗を掻いて感じまくって

涎を垂らして虚ろになってヨガり狂い、

全身をガッチガチのバッキバキに硬直させると小刻みに痙攣しての

絶頂を何度も何度も見せて逝き狂っており、

情事の余韻の中、息も絶え絶えに意識朦朧となってビクつきが止まらない状態で

喘ぎ悶えると言う素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して

見応えのあるカラミを堪能させてくれる。

尚、具体的な数字を挙げれば、最初のセックスでは前戯で2回、ファックで8回、

ラストのセックスは前戯で3回、ファックで10回の絶頂回数を見せている。


結果的に、確実に抜ける作品である。


関連記事
・ラグジュTV 937 (名森さえ)

・ラグジュTV 973 (名森さえ)

ヌードモデル妻 こんなスケベな私を見てください。 名森さえ 人妻空蝉橋 さえ 家まで送ってイイですか? case.95 前代未聞!180㎝超え