kawd00954pl


最初のパートは、セックスである。

女優とウルフ田中が抱き合ってどちらかともなくキスをして唾液まみれに舌を絡まし合い、
耳、首、乳首、太ももを舐められ、クンニ、手マンされて2回絶頂し、フェラをした後、

ペニスを挿入されると様々な体位でファックされて喘ぎ悶えて感じまくって8回の絶頂を
見せており、最後は顔射されるとお掃除フェラをしている。

尚、ここでは視覚的に汗を強調したい為か、白いブラウスを最後まで脱いでいない事から
着衣プレイとなってる。


2番目のパートは、手コキ抜きである。

ここでの女優は下着に首輪と手枷で拘束されている事からSMチックな雰囲気を

用意したのだろうが、そもそも抜きパートに脚色したところでどうと言う事もなく、

更には前パートで散々見せ付けられたフェラや手コキを別途パート化されて

垂れ流されたところで冗長である事から退屈に感じるだけである。


3番目のパートは、セックスである。

最初のカラミと同様にくんずほぐれつ基調のプレイが展開されており、
女優は男優今井勇太に胸を揉まれながら口に垂らされた唾液を飲み込み、ベロキスされると

男に唾液を与え、体中を舐め回されると膣を開かれて視姦され、クンニ、手マンされて
1回だけ絶頂し、男の体を舐めるとフェラをして自らペニスを挿入すると様々な体位で

ファックされて喘ぎ悶えて感じるももの絶頂は3回しか見せておらず、
最後は顔射されるとお掃除フェラをしている。尚、ここでの女優は最終的に全裸である。


4番目のパートは、おもちゃ責めである。

男優はジャイアント廣田とエオキが担当しており、先ずは愛撫から始まり、

次いでローターや電マでの責めとなるが、絶頂はたった2回と全く以って見応えのない

ものとなっており、ハッキリ言って時間の無駄である。


ラストパートは、3Pである。

男優2人は前パートから続投しており、女優は2人掛かりで愛撫されたり、ベロキスされ、
クンニ、手マンされるも絶頂は皆無、2本のペニスを手コキ、フェラしてWフェラもあり、

ペニスを挿入されると男優交互に様々な体位でファックされて喘ぎ悶えて感じまくって
10回もの絶頂を見せて逝きまくり、最後は2人共に顔射されるとお掃除フェラをしてる。


女優は、伊藤舞雪。

可愛い顔立ちをしており、身長160cmに、スリーサイズは B88cm W54cm H89cm。

Fカップのバストに、腰は括れて、大きく張り出した尻をした適度な肉付きのボディである。



体液をテーマにしていながら『汗』に関しては、プレイが始まる時点で汗を掻いてるのは

不自然に感じられるもののその他有象無象のAVで見受けられる様な

アホらしい程の派手さ見せる過剰演出とまでは言えず、

潮吹きに関してはプレイを中断する程のくどさで連発せずに

普通のAV以下の頻度と言っても過言でない程度のものである。

また、唾液を飲ませ合うプレイも普通に見受けられる程度のものであり、

全般にタイトルで『無限汁』と煽る程のものではないが、

あまりにも『体液』拘り過ぎるとカラミが疎かになる事が鑑みれば

本作の様な中途半端な演出で良いかとは思われる。

以上の事に加えて本作ではインタビューシーンなど皆無であることから監督が悪目立ちする

シーンは一切なく、更には情事の後の余韻にたっぷりと時間を割いているのも評価に値する。


しかしながら、全編を通じてヌルいカラミが行われており、

特に中盤に用意されているセックスは絶頂回数的に内容的にも

スッカスカの見応えのないもので、


また、おもちゃ責めパートも一連の道具を使用して終わりと言う上っ面を撫でただけの

プレイで、尺合わせ、もしくはおもちゃ責めを消化する為だけに用意したと言う他なく、

このようなパートは、そもそも不要と言っても過言でないレベルのものであり、


120分の収録時間で不要なパートや抜けないカラミも含めて5部構成と言うは、

あまりにも詰め込みすぎであり、

肝心のセックスパートに時間的なしわ寄せがきているのは度し難く、

更には、各パートに差別化を図ろうとする意志を見えるものの

そんな演出は、女優の性的ポテンシャルを引き出した上でのことであろう。

肝心要のことを疎かにしている時点でお察しであり、

これらの事例から本作の監督の無能さが伺える。


しかしながら女優は、感度抜群に小刻みに震えて喘ぎ悶えて感じまくって

弾ける様な激しく切れのある痙攣を何度も見せて絶頂して

情事の余韻の中、息も絶え絶えに朦朧となってビクつきが止まらない状態で悶えると言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮している事で、本作をエロビデオとして

成立させている事は幸いである、


コメントする

名前
 
  絵文字