juta00095pl

「熟女JAPAN」とか言う聞いた時のないメーカーからリリースされた

斉藤依子のデビュー作である。

最初のパートは、インタビュー&初脱ぎ&性感チェックである。

インタビュアーは男優澤地が務めており、質疑の内容は粗製乱造される有象無象の

AVと同じもので、答えどころか質問さえも想像の範疇を超えるものはなく、
逆に言えば想定内の質疑しか行われておらず、マンネリさえ覚える。

次いで初脱ぎへと展開しており、女優は緊張に顔を強張らしながらも言われるがままに

脱いで全裸を晒している。

尚、これのみが、本作で唯一、デビュー作らしい初々しさを見受けられるシーンである。

続いて、男優が画面に登場して性感チェックと言う体裁で愛撫が行われているが、

敏感に反応して直ぐに快楽に酔いしれた女優は、絶頂までする始末であり、

逆に男優に迫ると言う茶番を見せられるため息も出ないシーンで終わっている。


2番目のパートは、初セックスである。

ここでも男優は澤地が担当しており、どちらともなくキスすると舌を絡まし合った女優は、
愛撫されながら脱がされて全裸にされ、手マン、クンニされて2回絶頂し、

むしゃぶりつく様にフェラをし、シックスナインでも1回絶頂しており、自らペニスを
挿入すると腰を振って振られてファックされて喘ぎ悶えて感じてまくって

6回の絶頂を見せており、最後は疑似中出しされて、余韻の中、男優の呼びかけに
反応出来ないくらいに、虚ろな目をして朦朧となっている。


3番目のパートは、オナニーである。

何の前振りも、女優以外の人間の干渉もなく、先ずは指で自慰って1回絶頂し、
次いでバイブを使用して1回絶頂している。


4番目のパートは、手コキ抜きである。

バスルームで女優は男優に愛撫される様に体を洗われ、次いでフェラをして
手コキで射精に導いている。

尚、男優は見た事のない三下である。


ラストパートは、セックスである。

男優は前パートから続投しており、女優はキスされると舌を絡まし合い、胸を揉まれて
乳首を弄られ、クンニされると2回絶頂し、フェラをした後、ペニスを挿入されると

様々な体位でファックされて喘ぎ悶えて感じてまくるものの絶頂は見せておらず、
最後は疑似中出しされている。


女優は、斉藤依子。

奇麗な顔立ちをしており、スリーサイズが、B86cm W58cm H88cm。

Cカップのバストの、腰は括れて、大き目の尻をした適度な肉付きの肢体である。


男優澤地がインタビュアーを兼ねていることから

インタビューから性感チェックを経て初セックスまでが自然な流れとなっており、

下手に監督が出しゃばる演出を取らなかった事は評価に値する。

尚、監督が悪目立ちしないのは全編に渡っての事で、これは非常に評価できよう。


女優は、初脱ぎシーンこそ緊張や恥じらいを見せるが、その直後の性感チェックでは

逆に男優に迫ると言うシーンが見受けられる様に、とんだ猿芝居を見せ付けられ、

初っ端のパートでデビュードキュメントとして破綻しているのは、

全く以って度し難い事である。

ただ、女優に貪欲に快楽を求めるキャラに設定した事で

初セックスからパフォーマンスを制限なく発揮する状況となっているのは、

アホな演出の代償が逆に作用したと言う他なく、最悪な演出であるのは間違いないが、

ある意味、結果オーライと言えるかもしれない。

実際、女優はカラミは始まると快楽の嵌って酔い痴れるかの如く目を虚ろにして

喘ぎ悶えて感じてまくって、全身を硬直させての深逝き絶頂を見せると言う

高い性的パフォーマンスを発揮している。


ただ、本作ではセックスパートは全て疑似中出しを演出しており、

虚偽表示を行うのは、不正競争防止法に抵触するのみならず、

これは『景品表示法違反』と言う立派な違法行為であるだけでなく、

中出しを強調する為に膣をドアップにする事から画面がモザイクだらけになり

昨今の粗く大きなモザイクでこれをやられるとたまったものではない。

これらは、視聴者のことを1㍉たりとも考慮していない事の証明であろう。

よって、金剛力丸とか言う監督はビチクソ、『熟女JAPAN』とか言うメーカーは

ゲロクソ認定すべきは絶対要綱であろう。

更には、デビュー作らしい初々しさを犠牲にして性的パフォーマンスを優先した事で、

初セックスは十分に満足に足るものであるにも関わらず、

最後の用意されたセックスでは、起用された男優が三下以下の便所蠅みたいな輩であり、

事実、素人の以下の下手さ加減で、ヘナヘナしたピストンさえも長続き出来ない事から

初セックスで高い性的ポテンシャルを持つことを証明している女優を

逝かし切れないと言う体たらくであり、絶頂回数はたったの2回のみで、

それも前戯でのもので、肝心のファックシーンではイク姿が見られないと言う

最低最悪なカラミに成り下がっている。

初セックスで好調なスタートを切っておきながら、最も盛り上がるべきクライマックスで

まさかの有様では、カスも同然と言う他ない商品と言わざるを得ず、

新人らしからぬ高い性的パフォーマンスを発揮する女優を無駄遣いして台無しに

せっかくのデビュー作は御破算にした罪は万死に値するであろう事から

「金剛力丸」とか言う監督は今すぐ廃業するべきであり、

「熟女JAPAN」とか言うメーカーは今すぐ会社を畳む事で、その責務を果たすべきは

絶対要綱であろう。どちらにせよ、


結果的に、抜けない作品である。


極上!!三十路奥さま初脱ぎAVドキュメント 斉藤依子