mifd00046pl

ムーディーズからリリースされた御坂りあのデビュー作である。
(尚、後述するが、この女優には本作以外に2つものデビュー作がある)

先ず屋外で待ち合わせて歩きながら会話するシーンから始まる使い古され手垢に塗れた

手法を用いており、これをやればどこかの協会がドキュメントである事のお墨付きでも

くれるのかの様に塑像濫造されてあちこちのAVで見ることが出来る演出だが、
客観的に見て、どこもかしこで使用されたマンネリ化されたやり方では、

「またか」としか思えず、とてもとてもドキュメントを担保する演出とは成り得ない。

またインタビューアと思しき監督の喋り方や会話の内容から推測するにかなり白雉っぽい

事からアホみたい印象に拍車をかける結果となっている。


最初のパートは、インタビュー&初脱ぎ&初セックスである。

端緒の会話からスタジオに場所を移して仕切り直してのインタビューが

行われているが、内容的にはどのデビュー作でも見受けられる通り一辺倒なものであり、

インタビューと言うは、インター(inter)は「お互いに」と

ビュー(View)は「見る」から成り立っている事からも「お互いに見つめ合う」との

意味から発展した英単語であり、具体的には質問をして情報を得るために

行われるものであるが、内容的にも女優のアイデンティティを深堀する意図が

微塵も感じられないのは、監督がインタビューの意味は全く知り得ていないからであろう。

全く以って度し難い。

次いで初脱ぎへと展開しているが、女優に照れ恥じらい、そして緊張は無く、

淡々と脱いで全裸を晒している事からデビュー作で求められる初々しさは皆無である。

そして、男優森林原人が登場しての初セックスへと展開しており、

ここでも女優は慣れた感じでカラミをこなすものの絶頂は皆無であり、

デビュー作でよくあることとは言え、少し期待外れな感は否めない。


2番目のパートは、おもちゃ責めである。

ここでは、電マやバイブで責められて3度だけ絶頂を見せている。


3番目のパートは、セックスである。

初っ端から能無しぶりを発揮していた監督が、ここでもド低能全開の演出をしており、

即ち、タイトルにある「彼氏の勧めでAVデビュー」と言う設定をここで消化しようと

したのであろう、彼氏と電話をしながらセックスをする演出となっているが、

意味もなく何度も電話を掛けたり切ったりさせている事で、プレイの腰をおり、

更にはメイクルームと言うせせこましいロケーションの為、躍動感のないカラミとも

なってしまっており、ここでも絶頂が皆無である事が、間延びした退屈なセックスに

拍車をかけている。尚、起用された男優はイタリアンであるが、個人的には彼を

何年かぶりに見た事から非常に懐かしい印象を持った次第である。

また、以前は彼を批判していたが、今となっては大島丈がこれほどまで跋扈している事を

鑑みれば、イタリアンこそ重宝されるべき存在であると反省している次第である。


ラストパートは、3Pである。

ここでは男優井口と三下1名が起用されており、女優は愛撫されたり、ベロキスされたり
しながら脱がされていき、クンニ、手マンされて潮を吹くものの絶頂はなく、

手コキ、フェラして、ペニスを自らの乳首に擦り付ける場面も見られ、
ペニスを挿入されると男優交互に様々な体位でファックされて喘ぎ悶えて感じまくるが、

絶頂は最終局面で1度だけに留まり、最後は胸と顔に射精されると
それぞれにお掃除フェラをしている。


尚、全てのカラミにおいて男優及びゲロクソ監督が、情事の後の余韻を見せずに

女優にどうでもよいことを話し掛けるなど無粋な真似をしでかしているが、

これはよくある監督の悪目立ちとかの所業ではなく、

ただ単純にドアホなだけであろうと推測される。


女優は、御坂りあ。

可愛い顔立ちであり、スリーサイズが、B85cm W57cm H85cm。

Dカップのバストに、腰は括れて、程良い大きさの尻をした適度な肉付きの肢体である。

尚、冒頭で述べた様にナンパJAPANkawaiiからそれぞれ別名義でデビュー作が

用意されており、デビュー時に複数メーカーから別名義で作品をリリースする詐欺商法が、

ここ最近のAV業界のトレンドとなっているが、

なんでユーザーを騙す方向で頑張るんだろう。楽しませる方向で頑張ればいいのに 。


女優は涎を垂らして喘ぎ悶えて感じまくるものの

「超・超・超ビンカン」とタイトルにある様な性的反応は一切見せておらず、

平たく言えば、看板に偽りある商品と言わざるを得ない。

また、全編を通じて絶頂シーンが少なすぎであり、

3つあるカラミの内、2つは皆無、残り1つで絶頂を1回しか見る事が出来ない有様で、

絶頂と言うは快楽の頂点であり、山があるから谷が出来てテンポが生まれるが、

絶頂が無ければ、メリハリのないカラミが展開してダラダラしたプレイが続いた挙句、

冗長で退屈で眠たいセックスに成り下がるだけであり、

そもそも女優の絶頂なくして見ている側が逝けるはずもない。


結果的に、抜けない作品である。


超・超・超ビンカン桃色乳首女子大生彼氏の勧めでAVデビュー!! 御坂りあ 奇跡の天然ピンク乳首美少女 奏ミサAVデビュー 都内制服オナクラで見つけた!北海道産の美白美肌のウブ少女!手コキの天才!天使すぎるあやかちゃん18才がAV出演してくれました! 依頼ナンパVol.17