h_068mxgs01041pl

マキシングからリリースされた寿ゆかりのデビュー作である。

最初のパートは、インタビュー&初脱ぎである。

インタビューには男優の大沢真司が起用されているが、内容的には塑像濫造されている

デビュー作と同様に通り一辺倒の薄すぎる質疑となっており、女優は明るい性格なのが

見て取れるほどにハキハキと受け答えしてよく話している。
その後、初脱ぎへと展開するが、インタビュアーを揶揄う程に余裕を見せており、

とてもとてもデビュー作とは思えない程の堂々とした態度を取っている。

尚、メイキングの体裁でのオフショットシーンへと続くが、

このメイキングは、この後も事ある毎に差し込まれているが、

監督が悪目立ちする為だけのモノであることから、全く以って不要であり、

本当に鬱陶しくて不快極まりない代物となっている。


2番目のパートは、フェラ抜きである。

汁男優のリードのもと、女優がフェラをして射精に導くだけのパートである。

よくあるセックスで散々フェラを見せられた後に、別途フェラをパート化して

用意されるパターンよりは、初っ端のエロパートとしているのはマシではあるが、

そもそもフェラパートなどは蛇足であり、不要の代物であろう。

それが、たとえデビュー作であったとしてもである。


3番目のパートは、初セックスである。

女優は、男優大沢真司にキスされると舌を絡まし合い、愛撫されながら脱がされていき、
既に濡らしていたショーツ越しに股間を弄られて絶頂するシーンも見られ、

膣を開かれてアナル共々晒され、手マン、クンニされて絶頂し、フェラをした後、
ペニスを挿入されるとファックされて喘ぎ悶えて感じまくって5度の絶頂を見せ、

最後は胸に射精されており、余韻に浸る女優を邪魔するかの様に、男優が、
そして監督が出しゃばって喋ると言う無粋な真似をしでかして台無しにしている。


4番目のパートは、ハメ撮りである。

男優は武田大樹が担当しており、女優は促されてワンピを脱いで下着姿になると
愛撫されながらキスされて舌を絡まし合い、脱がされて全裸になると膣を開かれて視姦され、

手マンされるも絶頂はなく、男の体を舐めるとフェラをした後、指示されて自らペニスを
挿入するとファックされて喘ぎ悶えて感じまくって6度の絶頂を見せており、

最後は腹に射精されている。ここでも情事に浸る女優を見せることなく、
男優は女優とダベっている。

尚、基本的に、男優のカメラ使いは下手糞すぎ、即ちハメ撮りが稚拙であるのは、

画面が安定していれば、プレイがソフト過ぎて躍動感がなく、

プレイに躍動感を出せば、酔うくらいに画面がブレることからも証明されている。


ラストパートは、セックスである。

下着姿の女優は、男優鮫島に耳を舐められるとベロキスされ、胸を揉まれて乳首を舐められ、
膣を開かれて視姦されると手マンされて潮を吹き、クンニされるも絶頂はなく、

男の体を舐めるとフェラをした後、ペニスを挿入されるとファックされて喘ぎ悶えて
感じまくって7度の絶頂を見せており、最後は顔射されるとお掃除フェラをしている。

そして、ここでも女優の情事を見せることなく、男優、次いで監督が

ベラベラと余計なことは喋り散らかして台無しにしている。



女優は、寿ゆかり(23歳)。

可愛い顔立ちをしており、身長154cmに、スリーサイズは、B90cm W57cm H85cm。

Fカップのバストに、腰は括れて、程良い尻をしたムチっとした肉付きをした肢体である。

為人であるが、明るい性格であり、デビュー作にも関わらず、物怖じせずに堂々としており、

自画撮りで感想を述べるシーンなどでは、とても新人とは思えない...どころではなく、

手慣れた者かの様なプロの一人語りを披露している。

また、「音大生」と言う事であるが、それを強調するどころか担保する演出もなく、

であるならば、何故、タイトルで謡って煽っているのであろうか。

虚偽表示を行ったりする事を罰した不正競争防止法に抵触する事を理解しているのだろうか。

ただでさえ、国家官憲の標的に成っているにも関わらず、

また海賊版が氾濫している世の中で、わざわざ金を払った鑑賞して下さるユーザーを

騙すとは、早晩に滅びてしかるべき業界であろう。



最初のインタビューにおいて、後に初セックスの相手を務める男優をインタビュアーに

起用しているのは、本来であれば大いに評価できるものであるが、

質疑応答から続いてセックスへと展開するならば自然な流れを生む事にもなろうが、

フェラ抜きパートを唐突に差し込む事で、この効果は望めず、

また、監督が黒子でいる為の演出でもない事は、インタビューを男優に任せているくせに、

別途、メイキングと称してほぼ全てのパートの前後に、オフショットシーンを用意しており、

確かに、デビュー作ドキュメントと言う体裁である事から、

これらのシーンが、女優の性格を深く知らしめる為の施策であれば許容も出来ようが、

つまらない事ばかりをベラベラと喋り、女優の個性を追求すると言うよりは、

段々と調子に乗った監督が承認欲求を得る為にだけに出しゃばると言う

悪目立ちが過ぎる愚行となっており、正直、監督自身が自己主張する為だけのものを

散々用意しているにも関わらず、肝心のエロパートにおいても情事に後、余韻に浸る女優を

見せることなく、どうでもいい事をイキってダベる無粋な真似をしでかしている。


義務教育を終えていない小学生であったとしてもエロビデオの主役は女優であり、

男優すらも脇役モブキャラであり、ましてや本作はデビュー作である事から

女優の一世一代の晴れ舞台であり、ましてや監督は黒子の徹する仕事と言う事は

容易く理解できるはずであるが、しかし、本作の監督の限界突破したド低能ぶりを見ると、

とてもとても理解できているとは微塵も感じられない。


どんなに魅力的な女優を発掘しても、こんな能無しに監督を任せれば全てが台無しになるのは

火を見るよりも明らかであり、このようなビチクソな人材しか手配できないのであれば、

メーカー自体がオワコンであろう。即ち、マキシングは既に終わっていると

言っても過言ではないと思われる。


また、女優のキャラを優先したのか、そのような設定を施したのかは解らないが、

女優は照れや恥じらいを見せることなく、初脱ぎ時でさえもインタビュアーを

揶揄う余裕を持ち、監督が徹頭徹尾ド低脳故に故意か過失かは解らないが、

新人らしい初々しさは一切合切演出されていないが、

この事とバーターする様に、女優は性的ポテンシャルに制限を設けておらず、

デビュー作からそこそこレベルのカラミを楽しむことが出来る事となっているのは、

個人的なファーストプライオリティが女優の性的パフォーマンスと言う事を鑑みれば

幸いであった。


即ち、女優は敏感にビクついて喘ぎ悶えて感じまくって

ビクビクとした痙攣を見せて何度も絶頂すると虚ろになると言う

デビュー作にしては高い性的パフォーマンスを発揮しており、

確かに前戯において絶頂シーンが少ない事は気になるが、

それでも使用に耐えうるプレイ内容であり、


結果的に、抜ける作品である。


寿ゆかり