pb_e_274etqt-164

既存のAVから切り取っての二次使用か三次使用か、もしくは配信用の撮り下ろしなのかは

知らないし、全く興味もないが、題名にもある様に素人の人妻云々と言う企画ものであり、

この手の作品によくある既存のAV女優、本作の場合は「しほのちさ」を起用しての

ナンチャッテ商品である。
タイトルにある「出産後」「人妻ママ」を担保する為に、

赤ちゃん連れの夫婦をインタビューと称してナンパすると言う

製作陣は短絡的な手法でなく、「変化球」を投げてほくそ笑んでいるつもりかもしれないが、

客観的に見れば「暴投」と言っても過言でないもので、

車内にてインタビューが行われるが、そこからアホとしか言いようのない奇天烈な展開を

経て、先ず旦那が女性スタッフにフェラ抜きされ、次いで妻役の女優がおもちゃ責めされる

と言う全く以ってリアリティの欠片もあり得ない稚拙で幼稚なアホらしすぎる

猿芝居を30分も見せ付けられる事となる。

1時間の収録時間を鑑みれば、半分が不要なものとなっている事から

極めてコストパフォーマンスの悪い商品となっている。


この事からも理解できるように、本作のメインデッシュは後半に用意されている

セックスと言う事になる。と言っても旦那に見送られて男性スタッフとセックスを

する為にラブホへと言う頭が膿んでいるとしか言いようのない展開を見せている。

そして、このカラミにはいくつかの問題があるが、その問題を孕んでいるのは

起用された男優である。見かけはするが、名前は知らない三下のセックス力は乏しく、

また、本当に素人かと思わせる程に演技力が高い女優と比して、

このヘボ男優の台詞回しは、稚拙すぎて全く釣り合わないばかりか、

平たく言って興醒めであり、ため息も出ない。


それでも、この僅か30分のカラミが使用に値するのは、

女優の性的ポテンシャルが凄まじいからであり、

即ち、感度抜群に小刻みに震えて喘ぎ悶えて感じまくり、

弾ける様なキレのある激しい痙攣を見せて絶頂すると言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮しているからである。

尚、絶頂回数は、前戯3回、ファックで5回。

確かに、絶頂回数自体はそれ程多いものではないが、

時間的なものや男優のボンクラさを鑑みれば、致し方のない事であり、

このような事態のなかでの女優の煌めきは、とてもとても評価できる。

それは実用に値する事で証明されることであろう。


結果的に、抜ける作品である。


関連記事
・若妻接吻不倫 性欲を持て余した若妻の密かな愉しみ ダンナの留守中に男を引っ張り込んで背徳性交 しほのちさ

出産後の感度が上昇した人妻ママをナンパして寝取る!大石さん30歳 泥酔PRJNTR 妻の会社の飲み会ビデオ8  ラグジュTV 348