1sdsi00034pl

内容は150分で、セックスが4本番と言うシンプルな構成となっており、

最初のセックスは、男優貞松が起用されており、ぼほ無言で組んずほぐれつ貪り合う

濃厚なカラミが展開されており、女優は数え切れない程何度も絶頂して逝きまくる

本作のベストパートと呼ぶべき値打ちのあるカラミが堪能できる。

ただ、続くパートで起用されたのはロートル沢木和也である事から

前戯での絶頂は1度しか見る事が出来ず、

また、ファックに置いては、アホ監督がカラミに差別化を図ろうとして

ハメ潮をメインコンテンツにしている事で、何度もペニスを抜く行為から

テンポが悪いものとなり、更には女優は逝かせる事が出来ずにおり、

何と絶頂は1度しか見る事が出来ない。

前パートからの落差が激しすぎてがっかり感は半端ないものである。


次いで、3パート目はハメ撮りとなっているが、

男優をキャストする予算がないのか監督の承認欲求かは解らないが、

おそらくハメ師は南★波王とか言う監督なのであろうが、

これでもかと言うくらいにしつこく電マに頼りまくっており、

前戯はまだ良いものの、ファックでもおもちゃ併用でしか女優を絶頂に導けておらず、

絶頂回数は多いものの、素人に毛が生えた程度のハメ撮りは、

ハッキリって見応えのあるものではない。


よって、最初のセックスでの出来が良すぎた事もあり、

中弛み感が半端ないものとなっている。


そして、ラストのセックスで起用されたのは、大島丈。

嫌な予感しかなかったが、ここでも前戯は電マ責めとなっている事で

絶頂シーンを数多く見る事ができ、電マに頼っている事で男優の仕事が減って、

段取り下手なプレイとなっていないのは不幸中の幸いであり、

また、ファックにおいても女優は数え切れない程何度も絶頂する姿を見せている。

ただ、ファックの最中、ペニスを抜いて電マ責めするシーンが何度もあり、

ここでも女優の逝きまくる姿を見る事が出来るものの

前パートからの流れから見れば、電マはもううんざりであり、

カラミのテンポも悪くなっているが、丸腰では下手なプレイしか出来ない

男優の事を考慮すれば、まだマシなのかもしれない。


ともあれ、『連続絶頂4本番』とあるが、ハメ撮りは電マに頼り、

2パート目は連続どころか2回しか絶頂が見られず、

はっきり言って看板に偽りのある作品である。


最初と最後以外のセックスは、全く以って見応えがなく、中弛みの要因となっており、

ハッキリって不必要なものであり、これなら「2本番」の方が

コストパフォーマンスが高くなる分、良かったのではないか。

別段、時間が短くあろうとも満足いく内容であれば、

ダラダラした使えない無駄な時間を垂れ流されるよりは、億倍、兆倍良いと思われる。

また、最初にベストパートを持って来れば、出落ちに成る事から、

値打ちのある貞松パートは、ラストのクライマックスに持ってくるべきであったろう。


南★波王とか言う監督はセンスが悪いのではなく、ユーザーの事を

全然考えていないどころか、そもそもAVと言うのは抜き商材と言う事を

理解出来ていないのであろう。

ディレクターが悪いのかプロデューサーがアホなのかは解らないが、

粗製濫造するアホしかいないのであろうか。



女優は、観月奏。

可愛い顔立ちをしており、

身長154cmに、スリーサイズは、B85cm W58cm H83cm。

Eカップのバストに、腰は括れて、程良い尻をした適度な肉付きの肢体である。


女優は、ビクビクと敏感に反応して涎をダラダラと垂れ流して喘ぎ悶えてヨガリまくり、

切れのある激しい痙攣を数え切れない程何度も見せて絶頂し、

余韻の中、息も絶え絶えに朦朧となって悶えると言う

素晴らしい性的パフォーマンスを発揮して見応えのあるカラミを堪能させてくれる。

製作陣は無能であるが、彼女の存在がそれはひっくり返しており、


結果的に、確実に抜ける作品である。



本職、浅草ロック座 踊り子 観月奏 19歳 快感に身体が仰け反る連続絶頂4本番本職 浅草ロック座 踊り子 観月奏 19歳 絡み合う舌と舌、吐息だけで感じ合う、言葉はもういらない…目と目で通じ合い、感じ合う濃厚で濃密な、大人の本気セックス私の職業、何だか分かりますか?観月奏 AV Debut