1sdsi00077pl

SODからリリースされた「ちか」と名乗る現役栄養士のデビュー作であるが、

「宮沢ちはる」名義でデビュー済で、既に3本の作品がある事で

厳密には、なんちゃってデビュー作と言うことになる。

初っ端のイメージシーンでは、女優はヌードを披露している事で、

本作での初脱ぎは用意されておらず、
女優と監督が街角で待ち合わせてスタジオまで歩く場面から始まっているが、

インタビューしているならいざ知らず、挨拶程度の会話を交わずだけでのものであり、

これだけでドキュメンタリーを担保しているとすればお笑い草であり、

そうでないにしても一体全体何の意味があるのか理解できず、

であるならば、そもそもこんなシーンは不必要であると思われる。

最初のパートは、初セックスである。

その後、スタジオに場所を映してのインタビューとなっているが、栄養士とか言う適当な

肩書をつけた事で、薄っぺらい会話にに薄っぺらい質疑応答となり、彼女のアイディンティは

イマイチ解らないものとなっており、更には女優さんが明るい性格である事が災いして

照れ恥じらいは感じられず、新人らしい初々しい印象を持つことはなかった。

次いで、性感チェックと言う体裁 で登場した男優貞松に愛撫されながらセックスへと展開するが、

女優は感度抜群な性的反応は見せるものの前戯で1度だけ絶頂をみせるとそれを最後に

ファックで逝く姿を見せる事はなく、全く以って使用に耐えないカラミとなっている。


2番目のパートは、オナニーである。

自画撮りでのプレイと紹介した尻から導入部分では監督がどうでもいい事を話すと言う

悪目立ちをしており、更には「自画撮り」を「自我撮り」とテロップで記載しているなど

相当程度の知能の低さを露呈しており、

栄養士からの連想で野菜(胡瓜とズッキーニ)を使用する事を指示するなど、

今時、食べ物をあからさまに粗末にするのはAVしか見られない程に一般的な常識とは

懸け離れた行為をしでかしており、AVが行政から規制を受けるに値する業界である事には、

ある程度納得できるものである。

結局、女優は上記の野菜とローター、電マ、バイブを使用して計2回の絶頂を見せているが、

その回数は、あまりにも少ないもので、ここでも使い物になる事はない。


3番目のパートは、ハメ撮りである。

アブノーマルセックスと説明されているものの、ただ目隠しや手枷などの小道具を

使用しているだけのプレイであり、そもそもこの監督のセックス力が乏しい過ぎる事もあり、

どこかアブノーマルなのかさっぱり理解できない。

更にハメ師である監督が自らの顔を頑な映そうとはしない事と殆どカメラを手持ちしている事で

歪と言っても過言ではないアングルでの撮影となる事でエロをスポイルしており、

極め付けは、余りにも監督のセックスが下手すぎて絶頂しないからと言って

女優に逝く事を指示しており、その結果、女優が「イク」と口にしても

白々しいだけで興ざめであり、この監督、今すぐ辞めた方がよいし、

責任者が辞めさせるべきであろう。


ラストパートは、セックスである。

男優は沢木和也が起用されている事で、パンチに欠けるメリハリのないカラミが展開されており、

それだけでなく、女優のポテンシャルを引き出す事に失敗しており、

実際、女優の絶頂するシーンは皆無であり、全く以って使用に耐えない。



総じて、タイトルには記載していないが、リードにはデビューと銘打ってあるものの

女優はデビュー済である事から実質的なデビュー作ではなく、なんちゃってである事、

更には、監督名は「Zato」となっているが、どう見ても「南★波王」である事など

詐欺に等しい行為となっており、メーカー及び監督ともに官憲に摘発される事を切に願う。

また、各パートの入りと〆に必ず喋って悪目立ちするだけでなく、

この事で情事の余韻を見せずに台無しにする無粋や

何ら必然性もないにも関わらず、自らの短絡的なオツムのせいで、

オナニーの道具に野菜を使用するセンス、

ハメ撮りでは、自らの下手さ加減を顧みずに、女優に指示して絶頂した真似をさせるカス行為、

全く以って不必要な自らのハメ撮りに時間を費やしたことで

ラストのカラミには僅か25分しか割いていない事、

クライマックスのはずのラストパートに、老いたロートル男優を起用した事で

案の定、ダルいカラミしか見られなかった事など、

南★波王とか言う監督の無能ぶりがこれでもかと発揮されたウンゲロの様な商品と化している。

そもそも、南★波王とか言うクソはブラックリストに入れているにも関わらず、

名前を騙っているものであるから詐欺に引っかかった様なものであり、

心底、割れて砕けて裂けて滅して欲しいものである。
 

女優は、感度抜群にビクビクと痙攣して喘ぎ悶えて感じまくる姿を披露している事から

高いポテンシャルを秘めている事は想像に難くないが、

ここまで述べてきた様に、監督が無能で最低ゆえに、そのパフォーマンスを引き出せておらず、

全編を通じて女優の絶頂回数が、最初のセックスの1回とオナニーの2回、計3回では

全く以って使い物にならない不良品と言わざるを得ず、


結果的に、抜けない作品である。



白い歯と笑顔がキュートな現役栄養士ちか 22歳 新・素人娘、お貸しします。 VOL.62 宮沢ちはる 初めての羞恥体験撮影 01